死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

薔薇門とわたしのアルメギダ

なんかぼくきのう家に帰国してからというもの永遠とも思われるようなほど眠くて身悶える(暑くて)毎日をお過ごしで基本的には微動だにしないかんじで最小限度の動きでご静養中をしている貴族なわけなんですけどこれってもしかして明日から社会復帰できないかもしんないのでとりあえず応援して欲しいけど
ええ行ってきたね
目をつぶれば思い出すよ
まるで2日前のことのように思い出すよ
いや実際に2日前のことだからけっこう断片的にしか思い出せていないということを暗に物語ってしまっているよ
でもほんとに目をつぶれば思い出すから聞いてくれ
まずは楽しかったこと第一位の夏のサマs-ソニックメモリアルはといえば、だ!
熱狂の渦のさなか不可抗力で密着取材をしてしまったがゆえに前のギャルのほどよいシャンプーの香りがぼくの鼻腔を刺激してやまなかった件について!
それはそれはもうほんとにいい匂いが立ちこめていた
ぼくは基本的に鼻炎がちの人であるにもかかわらずそれを差し引いても鼻を劈くようなまるで心を射抜くに充分な威力のとても芳しきいい匂い、いやここは匂いというよりも「にほゐ」と現したほうが適切なかんじのルネッサンス!すこし汗のスメルの入り混じった恥じらいと本能との光の屈折率がまた絶妙のブレンド感とドライブ感を総合演出していたといっていい
で、第二位!
なにかランキングがまちがってるような気がしなくも無いが一向にかまわない!第二位!
暗闇のなか照り付けるライトに照射され浮かび上がる陰と陽のせめぎあいをかもちだしながらもそれを解析するとたぶん遠慮がちな日本人の心をいくらかも併せ持たないことによって時に軋轢を生じることすら予断を許さないかんじなのにことフェスにおいてはそのフリーダムな思想ゆえに広範囲に渡って前後左右に縦横無尽に語り掛ける喜びをその身体において表現してしまった感のあるみたいな感じにバシバシそよぎたつ金髪外人のド迫力のおっぱいの戯れ!あれはない
あの無鉄砲なおっぱいの横方向への揺らぎは滅多にお目にかかれる代物ではなかったししかし残念なのはそれほどグッドルッキングでないということで得てして顔面偏差値が低いということが第二位に甘んじてしまった結果と言えなくもない
あとは、
あとはえーとえーと、ギャツビーのブースで素敵な笑顔をふりまくギャツビーギャルに軽く恋をしたことくらいしか思い出せない
ということで思い出した順にぼくのロンリネスなサ間s-ソニック体験記を綴りたいと思いますけど基本的にひとりで参加という孤独な戦いを強いられたことによる精神的なダメージというかけっこう頻繁に被害妄想が発生しているかもしれないけど気にしないでほしい
ということでとりあえずおれ深夜バスで行ったんだったね。もう東京着いたの朝の6時とかなんですけどもうそんな開場9時なのにそれまでなにしてんのtってかんじだったんですけどいい加減荷物が無駄に大量だったしはやくロッカー確保したかったしっていうので眠かったけど会場に向かったという普通の出来事を書く理由がわからない
というわけで海浜幕張駅着いたの朝の7時前なんですけどおれもしかしたら一番乗りかもしれないししかも一人だしものすごい一人なのにはりきってるねって会場の入り口にいるスタッフに笑われたらどうしようっていうかそんなちょっとそこまできたから覗きに来ました的な軽い装いに早くしたいって思ったからそしたらなんかそこかしこに難民みたいな人が横たわっていたり無造作に転がっていたりしたのでなんかかわいそうな原爆みたいな景色だったので来年は絶対おれノーブルな生活のホテル通いのフェスティバルにしたいよねっておもったとかおもわなかったとか
ということで二日目からの参加でしたのですけど前日がものすごい雷雨が飛び交ってマリンスタジアムはものすごい不良なかんじだったらしいので優等生のぼくとしてはそんな過酷な環境での観賞は耐えられないもやしっ子だしそんな事情がわかっていたらお母さんはきっとぼくの旅立ちをドクターストップしてたかもしれない・・・・!
だから今日も雨降ったらたぶんものすごく帰りたくなるんじゃないのかって不安が渦巻くようなそんな前兆をその難民キャンプ模様に予見していたのかもしれない
つうかなんかあれだった。そんな早朝にもかかわらず人が大量に動き出していた事にびびったというかおいおい全然おれ一番乗りとかじゃないじゃないっておもってとりあえず駅のロッカーに巨大なリュックいれてメッセのほうの会場に乗り込んだよね!そしたらもうなんか外でオフィシャルグッズ売り場とか既に行列できてるじゃんってなって別に2日目だし無いと思ってたのに普通に補充分売ってるみたいだし如何せんひとりだし会話とか今の段階で一言もナッシングだしもういっそのことこのまま失語症に突入の章かおい?っておもったけどこの行列に加わったところで無言を貫き通すじつに男らしい覚悟だけどとりあえず隣の女子二人組みの会話にものすごく心の中で参加していた!で一時間くらい並んで発した言語はといえばたぶん商品の番号を売り場のお姉さんに伝達しただけです!
ということでオフィT3枚も買ったしこれで9500円とか使い果たしたしもうおれの目的は半分は達成したようなもんだし喋れたし(売り場のお姉さんと!)もう、いっかってなっておれはがんばったよって自分で自分を励まし始めたしお腹すいたしメッセ内の隣の会場でやってる恐竜大博覧展に行ってもこの際よしとするとか思い込み始めるしそういえば昨日からおれ一滴も水分補給してないってことにけっこう並んでる時から気づいてたしとりあえずマリンスタジアムの会場も見学してみっかってなってこれが間違いの始まりだったといえなくもない
行ったらけっこう遠いしやる気そぐのに充分に暑いんだけど
カッパなんて結局今日いらなくね?ってなって、んで一応やっぱグッズとか買ったし小さいバッグもロッカーに入れて身軽にしたいしってなって最終的にはメッセ方面でおれは活動する予定だったのでメッセのロッカー確保の為にまたメッセに戻ったのが確実に今だからいえることは間違いだったという
だってなんか開場したらまたアーティストグッズの売り場の行列に遭遇してこれはいかん!っておもってtoolとマッシ部アタックのTシャツ欲しいって並んだはいいけど意外とtoolの微妙だしマッシ部なんて別に珍しくも無いブルーラインズの買ってしまったしDJシャドウのなんて誰こんなの買うのっていうほどのデザインで困ったかんじに陥ったけどとりあえずおれの最初の予定はマリンで10YEASみたかったのになんかメッセで並んだらもうこれからマリンなんてあんあ長距離行きたくないって駄々をこねてとりあえずタコライス食ったらこれがまた量が軽食にもほどがあってどれだけおれは少食だよって言いたかったけどおっと俺は今ひとり!っておもって独り言は回避!あぶない!
っておもってしょうがないから手始めはムーム前のWHIRWIND HEATでも見るかってなって行く途中なぜか会場で床屋とかあったんだけどっていうかけっこう髪切ってる人いるしなんなの!ってなったけどいかんこれは見ちゃいけない大人のスポットだ!って自分に言い聞かせながら目を覆いつつマウンテンステージへ。これ開演まで10分くらいあったけど最前線にいけて思い起こせばこの時全然余裕で10YEARSにたどり着けてたじゃん。でもそのたどり着いたあとのムームに戻る帰路の過酷さが一瞬脳裏をよぎってしまったがゆえにぼくはその重い腰をあげることはその後なかった!
ということではじまりましたよWHIRLWIND HEAT!なんかボーカルがチャンピオンベルトみたいなのしていてすごいカクカク激しく盛り上がる動きをしていて振り乱していたので見ていてこれはひどいなって普通に思った。で一曲目おわったらこれはもうどうしようもない気配なので近いしソニックステージのLIVING THINGSに移動してみて演奏始まった瞬間に、あ、これ俺嫌い!って思ってやっぱ10YEARSおれ行くべきだったよね?ってなってでももう移動してたら次のmumが結局のところおれ楽しみにしてたじゃんってなってすこし見てからまたWHIRWIND HEATに戻ってみたらなんかチャンピオンベルトみたいなのが最初は前のほうにあったのが後ろ向きに移動していて俺がいないその間になにがあったの!謎!ということで実は思い出それくらい。
でやっとぼくの見たいの本格的にはじまるよっていうことでmumのDJセットの二人組がなんかすごいはりきってマントひるがえして登場!なんか被ってるし。
で、失笑を誘ったまでは掴みはよかったのだが如何せん始まってみるとその大きく期待を裏切るかんじのおもしろい進行に固まる人多数!笛とかすごい下手でびびったよね。いやそのノスタルジックに感傷に浸る夏休みジャーニーを期待されてるサウンドからわざとかけはなれた壊れたポップネスを放っていてさすがにお昼に聞くサウンドとしての立ち位置を見事に理解していた勇気あるステージだとおれはおもったよ
あの緩い意味不明なダンサーズとかけっこうこれもひどさに拍車かけていて見事なアクトだったよということで終了後いそいでTWO GALLANTSに行ったらなんか最高にかっこよかったんだけどおれmumとかぶってなかったら絶対こっちみたよっていうことでものすごいドラムでおれ軽く失禁しそうになったのは秘密だ!ということでけっこうこの時間帯ってCOPELANDあったりっていう激戦区だったんだけど敢えてmumを選択したおれの勇気を讃えて欲しいよね!っていうそんあこんなでこっから僕はすごい若者ぶることになります
マリンに移動してALL AMERICAN REJECTSとFALL OUT BOYとLOSTPROPHETSをアリーナで立て続けてみるというべつにこんな不良な若者像に憧れたおぼえはないんだけどっていうかこの時間帯のこの流れでしかマリンにいかないとあと金輪際マリンステージに用事がないかんじだったので不良の輪の中に行ってみたというそんんあ計画のもとに実行されたわけですけどもうなんかロスとプロフェっつとかとてもお顔が端正なかんじで美形テイストなかんじなのでもしもおれが女の子だったらそれは体を求められてもしょうがないかもしれないとか思うほどだったという話で天気がよくてよかったと思いますというか外人がまるで何をしゃべってるのかということに頭を悩ます俺でしたのに意外とオールマエリカンリジェクツとか楽しかったしそれにくらべてフォールアウトボーイなんて全然たいした実力じゃないじゃないって思ったりしながらも次の目的地のアークティックモンキーズに向けてソワソワしてきた俺!でもなんかロスとプロフェっツがあの曲始まったりするし移動するタイミングが難しいよねって思いながらいい加減おれARCTIC MONKEYSたのしみでしたのでメッセに移動する始末。もうこっからはメッセ内で激しく移動の巻だからマリンステージの事情なんておれ今後しらないよっていうことでアークティックモンキーズの会場行ったらおい規制かかってんだけど!なんて人気者だ!ってなってすごい途方にくれて抗議の意味でそこにフテ寝してやろうかとも思いましたがとりあえず豚トロ丼食ってものすごいウマ!ってなってよーしってやる気を取り戻すことに成功しましてしょうがないからAFIに行ったよね
つうかこっからのタイムテーブルがすごい悩ましげでちんぽこ大王なんですけどtoolは絶対見たいしかといってdjシャドウも確実に見たいしその流れでマッシブも見たいところですけど如何せんTOOOLのほうが始まる時間帯はやいしやっぱシャドウの途中でTOOLに移動すべきだしって脳内予行練習がお盛んになってきたところですけど意外とAFI開始時間押してるしもしかしてこれシャドウわりとがんばって40分くらい聞けるんじゃないっておもってだってTOOLのまえの爆竹はさすがにひといないし規制かかんないよねっていう大方の予想のもとにとりあえずAFIね!なんかすごい凶暴な空間と化して勢いあまってモッシュしたはいいが少年が前列陣取ってた謎の中国人みたいなグループのなかのおばさんのメガネに足がヒットしてすごい形相で睨みつけられていたというエピソードにおれ視線釘付け!だってモッシュしてたのを全然支える気ゼロ!すごい避けてみごとに頭から落下してて少しかわいそうだったんだけどなんかわりと中国人みたいなミッキーマウスTシャツ着てるみたいなディズニーランドの帰りにちょっと寄ってみましたみたいな謎の家族グループとかいたけどあれなんなの
つうかけっこうロックンロールと懸け離れたかんじのビジュアルが突出したムーブメントをかもしだしたかんじのまるでコミケと間違えてメッセに迷い込んだ迷宮男子とかいたけどあれも意味がわからない
ということでAFIは体がモリモリしていて前に突っ込んでって楽しかったけどギターの髪型がかっこよすぎてボーカルのモリモリよりもかっこいいという逆転現象がまきおこっていてわりとボーカルに抜擢されるにあたってのビジュアル順位がまちがってるバンドってわりに最近おおいよねっていうそんなかんじでキメキメのガチッガチっていうのがかkっこいくてオイオイ!ってすごい盛り上がった気がするけどぼくも人の子なのでシャドウのまえのほう確保するために途中でマウンテンに移動したという。ほんとはネリーFURTADOも見たかったけどもう潜入してないとね?っていうアークティックモンキーズの失敗の歴史を繰り返すわけに行かないしでこっれがまたフォートマイナーだったんですけどおれ基本的にヒップホップ育ちだったので楽しかったというかリンキンのチェスターが予想通りにゲスト参加したりでけっこうズドンズドンってかんじで会場が合唱して一体になって意外とよかったとおもいます。で僕おまちかねの登場がDJのSHADOWがかっこよすぎるってことでここで一気におれの感想文のテンチョンも架橋に突入かというところでいよいよもってめんどくさくなってきた最高にめんどくさくなってきたあーめんどくさくなってきた!
ということでマイネームイズディージェーシャドウっていう自己紹介に今日はじめておれ英語を完璧にヒアリングできたのこれだけだっていう悲しい現実!っていうなんかもう最初っから飛ばしていてかっこいくてズドドンズドドんって余裕で圧倒していたけどもうおれ次のトゥールが気がかりでもうシャドウの会場抜け出すのこれほど心痛めていたっていうの誰か伝えてくださいマジで
すごい映像もバチバチしてて機械の歯車的なテーマ性が如実に物語るようなかっこよくてもうあれだったんですけどでもけっこうあの後アッパーチューンとか炸裂して意外とダークネス空間が巻き起こんなくて不評だったらしいのでおれはシャドウについては良き思い出のままTOOLにいって正解だったという。んでTOOLね。これおれもうたいしたことなかったらMASSIVE ATTACKに駆けつける気だったけどもうそれでも新機軸をいまだみせつけることのないマッシ部よりも新作だしておそろしい存在のTOOLを今のタイミングでみなかったら俺頭おかしくなるとおもってトゥールみたけどもうドラムセットとか巨大な要塞みたいでそれでてきただけではっきしいって会場騒然としたよねおそろしいにもほどがあってもう気持ちわるいし出たっておもったらもうメイナードキーナンとかモヒカンに上半身裸でタクシードライバーのトラビスみたいなかっこしてあいかわらずフロントマンなのにうしろにひきこもってしまっているしいきなしもう爆発してた強靭な肉体の外人とかゴッツゴツにサークルモッシュ導き出していてすげえ凶悪なムードをかもしだしてしまっているしもうなんかしんないけど発狂していたよね前のほうとかおれ最初3列目とかにいたのにいつのまにか後ろに流されてたもんおそろしいでもけっこうライブだとわりと人間的だったっていうか観る前はもっと怪奇現象みたいな存在で浮遊してるかとおもいきやわりと肉感的なパワープレイでゴリゴリしていてすごい現実に肉薄していて最高のサウンドだった。というかんじでもう途中でマッシブとかいってらんねえってなって最後までTOOL見て終わったらダッシュでマッシブいったら満員だったけど普通にはいれてこれまた最高潮なライブセットになっていて生身のギターに命掛けてる感のドライブが疾走していてもう最高に素敵な夜をかんじてしまってぼくはわーいってなったっていうそんなかんじでしたっていうもういい
060813_234504_M.jpg

スポンサーサイト




顔面ピクニック」ファッキングヘブン

もう眠いよ
とりあえず土曜日の夜のファットボーイスリムナイトの後遺症はものすごいねむいっていうことともしかしたら時間差で明日に筋肉痛になったら僕はすごい悲しいねっていうことでとりあえずファットボーイスリムも最高だったけどケイジドベイビーが最高で仕方ないので足がもげてもいいかなっておもったけど意外とその時おれ2階に座ってた
というのもそのまえのzZzがなんかオルガンとドラムの二人組だし無闇にでかいしドラムはちきれそうだしずっと叩いてるしセクシーボイシーでとても桃色吐息なかんじで囁きかけてくるというスタイルのオルガスムスをオーガナイズしてたりなガレージLCDサウンドシステムなのでなんか妻がキモイキモイゆうしそら存在感ははちきれそうな胸板のうえにはジョンスペンサーブルースエクスプロージョンのTシャツだしそんなセクシー路線のうえにオルガンのひとは直角三角形であしをひろげてガリガリかきならしているので激しくキモいに異議なしといわずにおれまいてっておもってたらいや人物像というよりも音がキモイってゆってそしたらほんとに気持ち悪くなってきたっていうかそんときからすんごい人も密集してきて外人がハイタッチ求めてきたりなんか意味わかんない感じに密度ましてきたお年頃でしたのでああ始まりのときのあのDJ MASAHIROとかDJ KEISUKEとかなんか名前ちがうかもしんないけどなんかそんなときの過疎地帯が懐かしいよね!っておもっていたっていうそんな始まりのときなんて全然人いないし最前線だしそもそも開場時刻の10時ちかくなっても会場入り口にもぜんぜん人いないからおじさんもう今日はライブなくなっちゃったかとおもったよえへえへみたいなもうそんなかんじの第一印象でしたっていう今回の日記はものすごい時系列をシャッフルしてるよねだって思い出した順に書いてるからもうおれ書きなおすとかめんどくさいことしないからこのスペース
ということなのでそんなzZzできもちわるくなってしまった妻なのでその次のさいこうなアクトのケイジドベイビーの途中で2階席に退避したっていうことでしかしもうケイジドベイビーがとても胸キュン刑事サウンドでガンガンに女子の股間にアクセスしてやまないかんじで最高なのでおれは今日はケイジドベイビーっていっぱい言うとおもうけどそれはしょうがない
もうこの夏モテたいならケイジドベイビーしかないってかんじだしそいで盛り上げ方がピンポイントで性感帯を正解してくるしこのままおれはアナルが3個になってもいい!って座りながら一階席を眺めていてひとり燃えていましたっていうわりと画期的な燃焼方法を編み出した!
つうかあれね一階でがんがんんい踊ってる時は全然余裕だけど座るともうそんな深夜だし眠くなるよねって話だよねっておもいながら休憩をしておりましたらぺにーもやってきて3人で座ってたら出たファットボーイスリムでた
なんかステージがわりと上に設置されてクラウドを見下すかんじの別格の扱いなので登場したらむしろ2階席から目線ジャストじゃんっていうのでそら俄然もりあがったけど会場もものすごい勢いになってたよね2時にもうおれ普通ねてるよこの時間悪いけどっていうのにしかしノーマンクックなんてふつうにジジイだ!あのロングウェイベイビーって98年ぐらい?あんときもふつうにおっさんだったけど確実に加齢臭かぐわしいにちがいないしあれ。しかしそのおっさんだからこその哀愁みたいなものがいい形でコンパイルされたもう生きてるだけで幸せみたいなそうまるで死期を宣告されたひとの一日一日の生の実感的なプレイズユーサウンドだ!
っておれもう泣けてくるよって感動して盛りあがってたらおい二人両側で寝てるし
ぺにーもちょっと起きたとおもったらいや俺ねてないけど?みたいなかんじに必死にノッテルふうを演出しようとするけど2秒くらいでまた眠りに落ちるというこのこんやいちばん最高潮なかんじのなんかメインイベントなのにねえっていうんで触ると音が出る丸い物体を股間にグリグリしてたのもそれを客席に漂流させたりというコールアンドレスポンスな会場が一体となったのもふつうに見逃してしまってるよねこの人たち!
というそんなかんじで月日は流れもうラスト畳み掛けるかんじの雰囲気全開でボーンスリッピーとライトヒアライトナウを合体させたやつが流れてもうがまんならねえってなって二人起こしたよねそれでもううおおおって一番のハイライトに間に合ったという
それからはもうがんがんに踊ってゴリラズもすげえよかったしファットボーイスリム最高って言ったよね
つうかもういい加減眠くてめんどくさくなってきた
060523_004718_Ed_M.jpg


ハイルミュタンテ「俺の兵士は義母、愛子」

57783267_236.jpg

行ってきたよ
そして帰ってきたよ
家にな!!
家最高!
おっぱい食べたい
しかしこれってもうおれ結局のところ家にいるのが一番好きだと確信したかもしんないから実はもうお外歩きたくないよなんていいながらも実は素敵な恋物語をみつけてしまったのでもう誰にも止められない動きするんだよね
ということで日曜の朝にエレクトラグライドから帰ってまいりましたが今は何曜日なんだってことですがそれいったらエレグラ自体がいつなんだって話でいまものすごい時間差でまるでリアルタイム風に書いてるけどまだ背中とか微妙に痛いんですけど血行そうでもないよ
つーかなんかしんないけど日曜の朝10時にハードな強行日程からおうちに到着してからその日全然ねむくなんなくてこれはもしかしたら俺は今後一生おれの大好きなスポットであるお布団の領域にはいることは許されない王子になってしまったのかしらという鮮烈な恐怖と戦ったけど夕方近くにものすごいオネムになって目が半閉じになってまあああってヨダレでてきて痴呆っぽいかんじに見受けられるほどに変貌していてけっこう目のやり場に困った
ということでそれからずっと常に眠い日々をお過ごしで今も非常にねむい貴族ですのに貴様らの為にお伝えしようとしてるわけですので誰かおっぱい揉ませてくださいというそんなかんじだから感想文が書けなかったというせめてもの言い訳をさせてくださいお願いします
とそれはまあいいとして日記を書く以上時間軸を25日金曜日の朝に戻そうとおもいます
戻すのには理由があるわけでだってぼくのような地方からの参戦組にとってはまずもってしてエレグラって遠いじゃないですか
千葉なんて遠いじゃないですか
遠いところなんて一人で行きたくないじゃないですか
ましてや一人で行ったりしたらとても迷子になったらかわいそうじゃないですか
よりによってぼくのような朴訥フェイスなボーイが迷子になって道端でモジモジしながらアニメ声優育成学校の校門前とかで立ち尽くしていたらその光景を多分女子高生の集団とかに発見されでもしたらなんか意味なくわっしょいわっしょいってなんか胴上げされて町中を練り歩く生き地獄的な快楽に身を委ねながらの辱めの刑を受ける覚悟じゃないですか
これが今最前線のトレンディーなイジメ法なのかい?すごいことするね。ってなって僕としたら納得するしかないわけじゃないですか
いやそれはそれで異文化交流の思い出になるからいいけどだから一人だったらいかないわけじゃないですかでも今回のエレグラ行かなかったらいつ行くんだ的なラインナップじゃないですかだから誘ったわけじゃないですかお友達
なのでお友達との遠出という側面を併せ持つ以上エレグラの内容云々とかは当然としても必然的に旅の道程すらもまたドラマが待ち受けるわけじゃないですか
なのでもはや音楽を聞くとか聞かないとか関係なく旅をすること自体を共通の目的としてその結果としてそこにテクノがあったから寄ってみよっか的な旅の手帖的な自然体な風景を理想とするべきなのであってそれこそがこの旅の記録なわけであるからして出発の様子から順に描写することでぼくの生き様を刻印させるわけじゃないですか
なのでぜんぜんテクノといっても彼の知識からはYMO以外の発想ができないほどのテクノ度のお友達までをも巻き込んで4人で行ってきたという話が始点と成り得ます
という前置きが長いよ。
とりあえずエレグラの会場開演が金曜日の夜の9時でしたのでよくわかんないけど朝の10時くらいに出発すればいいよねそれで着かなかったら一体ぼくたちはどうやって辿り付けるアナルだい?そこはかとなくかい?ってなってさっそく計画通りぼくの車で迎えに行ったわけなのですけれど僕を出迎えた彼の出で立ちに軽く愕然としたよね
ここまで出来ない子だと思わなかったよね
だってとりあえずNH計くんを迎え行ったんですけどなんかほぼ手ぶら的なまるで女の子がトイレ行くとき持っている謎のポシェット的なかんじのちょっとそこまでみたいな軽い装いに、逆にぼくの前日の入念なリサーチを基にしたまるでこれぞおれの等身大の人生そのものの集大成として選び抜かれ周到に用意された的な巨大な荷物たちは一体なにかと
せめて着替えくらい持っていったほういいよね?との問いかけに、
ええ!!着替えいんの?みたいな
や、オールナイトで動き続けるんだからせめて最低限替えのTシャツ位は確保してたほういいよねいや着替えないでその汗の不快指数を物ともしないようなかんじで帰宅の途につく覚悟であったら別にいいだろうけども!という説得のもと家に戻り再度やってきたNH計くんは山盛りのTシャツをワイルドにほぼ無造作に手づかみ状態で戻ってまいりましたGO!
んで次はリーダーを迎え行ってぺにーの待つ仙台へと旅立ったよ。 しかしぺにーの分際で山形まで迎えに来ないとは何事だと怒りに満ちた我々の道中ではありましたがいや結果としては今回ばかりは彼の不祥事に感謝せねばなるまい
だって出会ってしまったからね
ええ
これは事件だ
なにがっておまえ途中のコンビニに立ち寄ったらレジにいたね
なんて可憐な笑顔の君は天使なんだろう一緒にお風呂に入って髪の洗いっことか毎日したいな!
ってなっておもむろに僕はパンを手に取ったね
板チョコを挟んだそれはそれは甘いパンさ。僕は甘いパンが大好きなんだよ。きみが思う以上にぼくはパンのスゥイートな雄たけびの虜でさあ。いや君もかい?そんな運命いままでみたことないよ。見たことあるならきみは偉いよ。逆に偉いよ。崇拝するよ。手つきが君のほうがとても上手なかんじでうごくなあ出来れば交換してくれたらいいのにじゃあ結婚しようかって話が早いからね
なので僕は到底ひとりには手に余る巨大な貧乏パンを買おうとしているリーダーにおもわず
甘いパンが好きな男は嫌いかい
と問わずにはおられなかった
いや君に聞いてるんじゃない彼女に聞いてるんだ!ってすごく取り乱しちゃったけども失敬したねこれがぼくらの新しいスタイルなんだから許してくれたまえってすごい僕たち興奮してしまって一体何をお買い物したら彼女に好感度なんだろうって話でそれで僕はチョコパンと鱒寿司おにぎりのふたつを昼食としてチョイスさ。これ以上現時点でのベストな布陣は考えられないわけだけれどじっさい僕は自身の隙のない購買セレクト審美眼にうっとりしておりましたが何故かなんかわりとリーダーたちに不評なのが不可解!
そんなわけでワイワイキャッキャッしてたらなんかオレ目合ったしいや目が合ったというかたぶん俺のこと好きだし
好きだから見つめてたんだし
っていうことを思ってたの世界で俺だけかとおもってたらなんかみんなも同じ事言いだし始める始末なので、ああそういう奴いるよねぇ、わかるわかる、みたいな、勘違いも時に罪だよねってはなしで極めて哀れみの表情で選ばれしぼく自身は暖かく見守ってあげよう不幸な彼らを!と思ったのでした
だって俺のレジのお会計のときお釣り手渡してくれたもの
手が触れ合ったもの
ニコってしてくれたもの!この笑顔は犯罪的に可憐すぎる
だからきっと好きだもの
ああ仙台に程近いこの場所でまさかってことでこの際エレグラとか行かなくてもよくねぇ?そんなの
遠いし
ってなって満場一致で彼女の出待ちするかみたいな空気なって気持ちよくなって現実逃避してたらぺにーからいつまで待たせるのとの催促の電話が。
おいおいなんて空気がよめない亀頭なんだヘイボーイ?ってなったけどいい加減出発から二時間なりそうなのにまだ仙台着いてないし普通にスローライフすぎるってもうむしろおうち帰りたかったけど運命とは一度引き裂かれることによって強度が増すことは必然なので庄司さんにお別れしてこの場を去ったよ
んで仙台でぺにーと合流してぺにーの車に乗り換えて向かったね千葉に
というか出発から二時間半でじつは位置的にいくらかも千葉に近づいてないんですけど!山形から仙台に移動ってそれ横にスライドしたに過ぎないしおいおいこれちゃんと着くのでしょうか、と僕の優等生的な受難は続くのでした
でもお友達とドライブはとても楽しいのでまたエレグラ着いてもいないけどまた来年もエレグラ行こうね!と誓い合うというなんだこれ
んで高速乗ったら乗ったでSAで甘栗試食したり昼間から完璧に泥酔してキマってるあきらかに店員じゃないジジイに執拗におすすめされたご当地ラーメンを試食しまくったりぼくたち全然進む気配ないんですけど!というかんじでまったく先が見えない旅は続くのですがというかこの話もおわりみえないんだけど
そういえば高速道路で急ブレーキをかけた車がいてそれに乗ってた後部座席のひとが勢いでフロントガラスを突き破って道路に投げ出されたそれを後続の車がめちゃめちゃ轢いて体が散らばった話をぺにーがしたらそれを静かに聞いていた後部座席のリーダーとNH計くんがおもむろにシートベルトを装着し始めたのがおもしろかったです
というか首都高ではげしい尿意に襲われたNH計くんが身もだえしながら股間をさすりながら運転していたさまがとてもひどくてというか股間をさすることによってその尿意が些か軽減されてるわけなのかしらとぼくは腹が壊れるくらい笑ってとても楽しかったという話ですけど実際もう我慢の限界よろしくで首都高のものすごい交通量のさなか車の発光するスポットライトを浴びながらスターダムに登りつめたかのような恍惚の表情で路肩にて排尿を敢行してしまった彼の姿ぼくはわすれない
というそんなこんなで千葉幕張メッセに7時到着というくらい強引な進展をしないとこれおわらないじゃん
ということで無事にメッセの駐車場はいってさすがだよね時間完璧だよねとか話しながら駐車場グルグルしてたら何故か一方通行の出口のゲートまで来てしまっておいおい出口のゲートのひとがお待ちかねですかよってなってそれで致し方なく僕たち迷子なってここまで来ちゃいましたって事情説明したら特別待遇で秘密の脱出ルートを開けてくれましてありがとうって思ってなんて親切な人たち!でまた駐車場に入りなおすという無駄な行為をして戻ってという
というかメッセって入り口とかもっと行列なってるかとおもったら人ほとんどいないんですけどほんと今日あんの?ってかんじでああ中進んだら人いた!ってなって興奮してきてフロアからの音が廊下に響きわたっていておおってなってとりあえず通路はしってみた
はしってみることで僕の興奮を表現してみた。
んで時間迫ってきてとりあえず並んでみて目の前のシニードオコナー風の女の子のおしりが絶妙な角度で見え隠れで気になって気になってしょうがなくてさすが都会っこの冬は防寒性への意識と無防備さが段違いだよねと気持ちは自然と高まります
で九時開場でとりあえずいきなり目の前で女の子が階段で足踏み外して激しくすっ転んでビビった
おおなんかそれわかんないけど俺きみのためにもがんばるからねって盛り上がってきたのでひとまずロッカー確保をNH計くんに任せてぼくらはグッズ売場に向かいますよそいで僕はクリスカニンガムTシャツ買ってロッカーにみんなでめちゃくそ詰め込んで僕はそいでおもわずパンツも脱ぎそうになった
つうかこの時間帯って開場開演が同時刻なのでじっさい誰も期待してない不遇な時代を任せられた人々のポジションなんですけどLight SurgeonsとかUNKLEのVJってくらいしか知らないし画面ぴかぴか輝いていたのでなんかユルいし一瞥して次のオウテカのためのポジション取りのためだけに向かったケンイシイルームがなんかおもいのほかバシバシしててかっこよかったのでみんなでうあーって奇声あげ続けてやっぱなにこれエレグラってすげぇって俄然やる気でてきてもはや夢中で踊り続けておおオープニングからこれでは先が思いやられるんですけど!って一抹の不安を抱えながらも体力の配分をものともしない全力なうごきに早くも死にそうもう帰りたいってなってしかも異様に俺のおもってる俺の一時間とじっさいの一時間の体感速度がちがって長いしたまんねぇよってなってもうこの段階ではやくもNH計くんは脱落してるしとかいってたら出たオウテカでたおおおお全然境目なくはじまるなんて聞いてねえ!ああ前のを繋いでるわけねふむふむとかっていうか暗闇でライブするって噂は聞いておりましたがすげえよいきなり暗くなって機材のとこだけ赤く点滅しててかっこよすぎるんですけどああなんてことだ視覚を奪うことによって音を聴くまさに本来的な機能である聴覚のみを頼りに感じ取るしかないなんてんもう!ってなって最前列にいったよねもうこれ音に脈絡ないようにみえて文脈がしっかり軌道確保されておりますので踊れないようで実はガンガンに踊れる不思議とくに中盤以降ものすごかったので泣きそうになりました早くも今夜のハイライトかもしんまいってなったのに途中リーダーとぺにーは離脱してコールドカット始る前に合流しようってことで取り残された僕はひとりでガシガシうごいてたら終盤の和太鼓的な乱打が内蔵にボンボン響いてきてからだが突き飛ばされそうみたいな感覚に陥るほど攻撃が組み立てられていて怪しい空気の振動が波動で襲ってきて柵につかまって耐えたけどなんて爆撃だ!後ろにちんこが折れ曲がりそうだこんな無下にCDよりも遙かにすごい景色なんですけどこれ新作のUntiltedのPro Radii を基本に様々なマテリアルをぶちこんで60分一曲でやりとおしたみたいなそんなかんじのあきらかに他のアクトと異質なクールビットにおしっこ漏れそうだったけどこれは我慢したたぶん誰も助けてくれないし
んで次はコールドカットに向かおうかなって思ったらおいおいTigaかっこいいんですけど!ここ離れたくねぇ!ってなってとりあえず五分くらいその場でモゾモゾしてみた
んで実際その最前線のVIP席離れるのが名残惜しいですけれどもリーダーたちとあとで合流するという男の約束しておりましたのでさようならしましてコールドカットに向かいましたがつうかなにこの人数やっぱ待ち合わせとかこれ無理じゃん
いねーじゃん
おれ今後ひとりじゃんそれ死ぬじゃん
って泣きそうになったけど男の子なので泣かないもんということで一人トボトボ向かいましたらなんか会場が楽しそうなかんじになっていましたのでとりあえず前の方に突き進んでみた
まあふつうに楽しいけど俺Tigaのことが好きだったって今にして思うよああ実際きみがいなくなってから好きって気持ち気づくんだねってしょんぼりしてたらスペシャルゲスト登場・・・・!!
誰やねん
おまえ誰やねん
とふくよかな黒人女性を呆然と見つめる俺様
そしたらまたスペシャルゲスト登場!
ケンタロウでてきたわりと懐かしいでもすげえキュキュキュってすごい速さでこすってた
でもこれDJじゃなかったら普通のお兄さんですよな
ってまたスペシャルゲストですか
多いよ
ってはああジョンスぺじゃん!
なんで?
みたいなブルースエクスプロージョンに会場が一体化して前に押し寄せてとんでもない形になった
楽しかった
んんで別の空間でアンダーワールド始るし人減るかなっておもったらひと減んなくてそしたら出てきたよクリスカニンガム
かっこいいよ隣の女の子もかっこいいって言ってたし多分そうだよ
で何すんのかみんな興味丸出しでスクリーンにかじりついてたらただパソコン見つめてたあの人
動かないんだけど
たぶん生きてるんだけど
で、まずは猿のあたまでからだが機械に手が人間のモンキードラマーで幕開けでうおおってなってそしていきなりflex
母胎の中を浮遊するかたちがもやもやしてきてそしてとつぜん男と女が無修正な裸で登場し対面したと思ったらいきなしボコボコ殴りあってそして激しく体位を変えるなんてまさか極小単位の人類創世紀を現しこれってもしやラバージョニーの誕生を示唆してるのでしょうかこんなに女のお腹をパンチしたのであの子が
音楽はエイフェックスElephant Songで、出たよほんとにでたよいよいよ出たよラバージョニーここ一段と会場の期待が一致して盛り上がって車椅子からビュンビュンってビーム飛ばして最高だったのにこれが山場かと思いきやおいおいスターウォーズじゃないですか僕ちゃんと全部みてないけどスターウォーズじゃないですかなんかライトセーバーでガツガツしてるところに合わせて音楽がピキピキいっててすげえんだけど続いて立て続けにwindow lickerの変形バージョンみたいなで延々ループさせて盛り上げといてart of noizeの不穏な音色からナチスの行進そしてヒトラーの演説と最高にかっこいい劇画調でそれにVitalicのLa Rockを合わせる反則技でナチ軍隊の軍靴のザッザっていう行進に合わせて音鳴り響いてすげえってなって更にヒトラーにコールアンドレスポンスするかたちでナチの議場がディスコタイムになだれこむなんて最高な日独仏同盟を鬼のように形成してるわけじゃないですかそいで最後はガガがってcome to daddyの最後の絶叫を強調したバージョンでものすごい期待値をうわまわる日々だったんですけど僕もうひとりで疲れたよ
んでもうアンダーワールドはじまってるしせっかくだし一目でもみないとあれだしってカニンガム終了後のスクリーン見上げ続けてて首痛くて抜け殻みたいな姿で会場うろうろしてたら、い、いた!みんないた!うおおお再会したよよかったよよしアンダーワールド行こうってなって行ったけどなにあの人数
窒息しそうなかんじに固まり始めてたんだけどとりあえず水買って前に突き進んだらとりあえず買ったばかりの水どっか吹き飛んだ
そして誰かそれ拾って撒き散らした
おい俺の水
でもがんばって前行ったらもうなにこれ異常。いや楽しいけど楽しくないけどたんのしい!って複雑な心境になって後ろに戻りつつ休憩
というか中々出口がみえないんですけどよく俺たちこの距離前行ったよ実際
そいでヴィタリックだしもうあっちいこうぜって移動してユルユルなエイドリアンシャーウッドにて前の列のほうに接近してたらほうピースフルなバイブスですねえ
とけっこう気持ちよくてゆるゆるしてたけど思いのほかビタリックまでの時間長くて前の女の子がぼくにビタリックっていつですかと聞いてきたけど知らないんだけどってなって女の子どっかいったわーい最前列確保した
んでビタリックが出番待ちして登場したらステージにエイドリアンとヴィタリックが二人ハゲが勢揃いしていてかっこよかった構図をものともしないかんじで始ったもうこっから俺死ぬよってかんじで動きがあきらかにテクノのそれとちがってロックンロールなんですけどこれワンパターンだけどやべえってなってもう足壊れてるし朝の4時くらいだしいい加減朝方の疲労が蓄積された状態で最前列はひどいんだけどリーダーと手を取り合いながら友情で飛び跳ね回って足の寿命がおよそ2年は今日だけで縮んだあいつかっこいいけどもういいよ
んでさすがにもういいよ限界が程近い地平線だよってなったから休憩しよっかってなったけど何クロージングDJのカールコックス最高な音を響かせてるんだけどってなって結局さいごまで踊り続けてしまったんだけど僕いつのまにか気づいたら途中でホモな人々に囲まれてて困った
あとなんかしんないけどどっかから逃げて来た人が追いかけてきたひとにガツガツ背中に手刀打ち込まれていて都会の夜明けはこわいねってなったけどなんか朝までこんな素敵なショータイムなんてぼく多分明日から車椅子生活を余儀なくされる始末だろうけど楽しいってなって終わるのが心苦しいよってなったけど実はカールコックスがサンキューっていって終わった時には内心ほっとしたのも事実
だって体いたいし。とかって思ってたらおいおいアンコールアンコールっておまえ馬鹿だろ?って言ってみるのもつかの間普通にアンコール応えてるし信じられない
でもやっぱ音が最高潮なかんじなので激しく動き続けるのです永遠に人間ってこわいね
で終了。つうか会場明るくなったら下に散らばったゴミがすげえんだけどなにこれおいおいアンダーワールドの時おれの足元でツルッってなったのこれじゃん
ということでぼくのオールナイとは終わったのでした
鼻にテイィッシュ差し込んだら真っ黒でびびったなにこのダークネス
ということで
でも旅は終わらないのでした
こっからがまたひどい
土曜日の朝7時におわっておうちに帰ってきたのが日曜の朝10時
これがなにを物語るかわかるかい
旅はエレグラ以上に過酷だったってことなんですけどもういい加減書くのあれなんですけどというかこれ誰読むのかって話なんですけどわるいけどこれ最後まで読んでも誰にも誉められないよ
とりあえず会場でてすぐのコンビニでアイス食べてたらドスって音して何事かいと振り返ったらバイクに乗ったジジイが車にはね飛ばされてた
朝からヘビーな風景ですけどそんなかんじで何故か高速じゃなく下通って帰ろうぜってなってそんなこと言い出してみたものの4時間後いまだ千葉にいたという事実
おれけっこうな時間寝ててでも起きたらまた千葉だぜっていう
なんで?
でもってお風呂探しつついったら結局茨城の鹿島までいってやっと辿りついてでも体がみんな筋肉痛なので不快なロボットなうごきするのでおいおいこれ障害者にみられちゃうんですけど!ってなってでもだったら障害者割引なるかもしんないじゃんとか言ってもうひどい
昼食はホルモン道場とかマンジョリーノとかとても卑猥なお店が立ち並んでいて魅惑がおおくて困りきったけど入ったイタリアンなお店がうまかったけどとりあえず店主が頑固なカリスマで従業員を罵倒しまくっていておそろしい土地だとおもいながらそいでこの状況下でなぜか途中でボーリングを3ゲームするという意味がわかんない
これ全然かえれねーってなってもうみんな脳挫傷寸前だったけどはい帰ってこれてよかったね
おしまい
いやこれおわんねー
つづく
いやつづかないけど

実録発情白状日記 ~きみの火葬は一人称~

FI1858096_0E.jpg

そういえば僕このまえ銀杏ボーイズのコンサートに行ったって
もう言ったっけ
いや言ってないよね
行ってないもの
あれちがう
まだ言ってなかったよねって
言ってみるわけなんですけど
そう行ったって言ってみるよね
うん言った
うんすごい行った
いやまだ言ってないし言ったって行ったよねってそう言ってるし今まさに言ってるし生きてるし死んでるし
ってそう言ってるしむしろ言い切らせて頂きたいとそう申し上げてくださいとの低姿勢な俺もまたいるわけなのね
だから言いたくて会いたくて切なくて
というか僕のあのときの時代を克明に刻印した証でもあるところの筋肉痛という名のセレナーデがそろそろ消滅する気配なかんじなのです
ぼくは筋肉が多いので筋肉がいたいのは致し方ない現象であるのは当然としてもその痛みが和らぐと同時進行に不思議なことに記憶も消失してゆく病との対決という意味合いも含まれているわけなのですからこれはいかん、遺憾の意でありますし僕の貴重な外出記録を記すことによって俺の末期的な引きこもり男子的イメージを払拭してモテを追求してある種の人生のモテ期突入を高らかにここに宣言しなければいかんざきなので、というかあれだよね。
うん、きみの言いたいことはわかるよ。
ええ手に取るようにわかりますとも!
でもここはそれは君の胸にそっと閉まっておいて欲しい
これは僕と君だけの秘密の宝箱ということでお願いします
ということでそっと1000円札を黙って君の手に握らせたいほど僕の顔は最高潮に赤面しております
というくらいに今イカンザキも時期的にギリというか実質アウトですのに飛び込み使用しなければいけないほど今の僕は切迫しているのですという鬼気迫るアピールととらえてもらってけっこうなのでありますけれどもつまりは僕は9月10日の思い出を追従する作業をしなければもはや行ったことすらも忘れてしまう症候群予備軍として名を馳せるわけにはいかんざきなのであります
ということでもうこれ早く本題に進まないと忘れてしまうのでいい加減にしてください
はい
というわけで行ってきたの
ええ
そうなの。これが言いたかったの。この前の銀杏ボーイズ世界ツアーファイナル公演に俺様が行って参りましたのですからここにその報告をさせて頂きたいとの魂胆であるわけなのです
ええ
もうね、
元はといえば6月公演にぼくは行く予定だったのですのにそれが峯田メンバー
骨折すること2回
逮捕されること1回
延期されること3ヶ月
そのあいだにぼくもやっと
ひとりでおつかいにいけるようにまでになりました
もうおつかい途中でゲームセンターに5時間も立ち寄った挙げ句にお買い物袋を忘れてくるような、そんな可哀相な子にはならないほどの驚異的な成長を見せつける思春期の俺様なのです
嗚呼おかあさん、いままで育ててくれてありがとう
ぼく、しあわせになります
というそんなかんじのぼくの夏休みの成長奮闘記録を全国のお茶の間のみなさまに温かく見守られつつ迎えた9月
いつのまにか何故か仙台公演がツアー最終日となっているというミラクル幸運に期待と股間は膨らむばかりなのでありますしそらもう僕の学ランの裏地(シルク生地にセーラームーンのド迫力な刺繍が全面に施された新時代の不良の登場を予見させるに十分なインパクツ)に必ずや仙台の女子高生の丸文字サインを頂くまではぼくはこの地に帰りませんよ!と固く決意してぼくはお友達と3人で仙台に向かったのです。ええ
もちろん仙台っ子のぽぎーが山形在住のぼくのおうちまでお迎えにあがるいつもの儀式はあたりまえです
というかでも実はZEPP仙台って収容人数1700人くらいなのに僕の番号は1400番台なのですごいやる気なかったといえば本当になります
でも僕の前の番号の女子3人組が自然とぼくらのボルテージをヒートアップさせたのは言うまでもないであろうこともここに付け加えなければライブレポとしての真実に近づけないだろうとも思うのです実際
だってぼくら男子チーム3人とあの子達女子チーム3人で人数ちょうど合致するしもうね一体どういう組み合わせでカップリングが生まれたらお互いがフィーリングッドなバイブレーションをかもし出す出会いかねえとか妄想を繰り広げる遊びでおよそ本人たちの気づかないところであらゆる陵辱をくりひろげるさなか
5時に開場。おいおいおい俺の入場の出番はいつですかよというかんじでほぼ最後尾のぼくらに小雨の仕打ちじゃないですかそ、そんな・・・そんなもう、始まる前からぼく、濡れ濡れなっちゃいますよ!と、なかでも被害の大きい股間部分の水漏れを係員にアピールをし続けるもあいつら一貫した無表情でぼくらをお出迎えでありますよ
なんて非情
ということでしっかり順番を守って入場完了であります
つうか1400番ってそれ入場整理の番号なだけでなんかふつうに前いけるじゃんと柵をくぐって前に突き進んだらなんかいいかんじの中盤ポジションですよ、とそんなかんじで開演までの時間もう立って待ってるのつらいよ!とかいってもう早くも入場後10分で地べたに座り込むまるで根気のない僕たち!そしたらなんか周囲でそれを真似て座り込む人続出!あ?あれ?おれブームつくってる?すこしばかりムーブメント起こしちゃってる?とか思ってひとり悦にはいっているそんな最中
6時。ギターのチン中村がひとりで登場
そして「広瀬川であの娘に告白~撃沈編~」の壮絶なひとり芝居。それを見て
なにかを予感したのか
ひとり最高潮のぽぎー
俺を置いてひとり最前線につっこんでいくぽぎー
ああ待って・・・!!
待ってよう
そ、それは・・
それは・・・・・!!
音楽が鳴り
登場したのは前座のメガマサヒデ
ひとり呆然と立ち尽くすぽぎー
ああかわいそう!熱心なメガマサヒデファンが多数陣取る最前線で合唱がおこるなか勿論メガマサヒデのことなど微塵も知らないぽぎーは後方のぼくらを振り返り、ハニかんだ笑顔
素敵だった
その顔ヘルプと申してた
その居たたまれない張りつめた空気に、必死に耐える孤独なぽぎーの様子見て
おれたち爆笑
30分間というのは、地球の時間に換算すれば一瞬なのかもしれないけど、そうね、きっと彼にはその30分は永遠とも感じられたであろうね!
というそんなかんじでビースティーとかのSEがかかるなか会場が暗転し大地讃頌がながれてやっと銀杏ボーイズが登場してきましたよあらあらもう既に上半身が露出しておりますですよ
でももうね前座がながすぎですよ
わたくし、もう既に立ってるのつかれましたですよ
と、静かな語り口でありながらも少し怒気を含んだ例えればフリーザ様風の独り言をつぶやく僕でありましたが
なんか一曲目の夜王子と月の姫で早くも前のほう目がけて唾吐きかけるしこれで僕もすこし我に返りまして2曲目の若者たちでうおおってなってなんかもうこの2曲目の段階で松葉杖をくるくる空中に放り投げてボーカル客席にダイブしてくるしジュース飛ぶしなんかうっひょーってなってしかもそのジュースってオレンジジュースだしうまいってなって気が利くねってなってでもベタベタするしおまえこのやろうってなってでもベタベタは汗がベトベトなのかもしれないしよくわかんないしなんかちんちん見せてコールなるしでもちんちん見せろって言われて見せるようなやつにはなりたくねえんだよとかって言われて逆にちんちん見せるなコールが沸き起こって困った空気になってチン君がなんかアンプによじのぼってニコニコしてるからぼくもニコニコなってきてリストカットしようが援助交際してようが人殺ししてようがどうでもいいですけどここにいる全員あいしてるとかっていう援助交際のときにものすごい会場が一体となった空気が伝染しというのも間奏のときにいなくなったとおもったらいつのまにか2階席に登場してそっから僕らのいる地帯に頭上から唾落としてくる攻撃してくるのでキャッてぼくが叫んでいるあいだにも2階席のひとたちが殺到してでも腰をクネクネして踊って楽しそうでいいねってなってものすごい会場全体をまんべんなく楽しませますよっていう心遣いに一階席のぼくたちは後ろを振り返った状態でしばし変則的な観賞を余儀なくされるという事態でそしてその曲終わったら峯田君が2階席からステージまで降りてくるまでの時間が微妙な空気なってなぜか場を持たせるための村井コール巻き起こってでも村井君がふつうに何もなくて本当になにもしないっていう究極のおもいもよらない返ししてあいつすげえってかんじになってでも銀河鉄道の夜でものすごい星空が開場を包み込んでうおおおってなってミラーボールも眩く回転していてこれは今日照明さんが一番がんばってるお仕事ですよねってなってそしてぼくが18歳の時に作った歌でぼくは今や公然ワイセツでつかまったりしたけどこれはいつもきれいなままだとかっていってyou&I vs ザワールドっていうスペースのme&you ヴァーサスザワールドとほぼ同名曲をしてでもそもそもなんで全裸になって捕まったかっていうその事の顛末はなんかあの会場でサザンとかを見に来てる4万五千人のお客さんが全員敵に見えたからなんか脱いだとかって言ってそして偉い人から時間押してるからあと1曲で終われと命令されてサンボマスターですでに10分押してるのに俺たちは何で5分押しで曲カットなんだよって頭来たから2曲やってそしてもう一回脱いでとかっていうしかも最終的にはアンプの電源まで落とされとかっていう悲しいお話でしたけどその落とされた電源のコードをもぎとってまた演奏をはじめたメンバーにおれは感動したんだよとかっていういい話でしてだから俺は謝らないし悪いことをしたとも思っていないしかといってでもいい事をしたとも思っていないとかいうなんてつくづくMC長くて休憩できるのでいいね!っていうそんなこんなでこの歌を捧げますということで日本発狂、犬人間立て続けの攻撃にベイビーベイビーでなんかおれやたらめったら興奮してうがあって前に進んで柵飛び越えていって5列目くらいまでいって駆け抜けて性春でほぼ燃え尽きてそのあとはなんかアイデン&ティティとか彼女と別れたときにつくった歌とかっていう東京が続き峯田君も涙を浮かべながらの終盤のしっとりモード突入なのでこれはこれはぼくの体力回復待ちですかなってなって油断していたらそしたらいつのまにか寺山修司の悲しくなったときはの詩を朗読してはじまった最後の曲の人間で壮絶になった俺は壮絶になったなんかマイク咥えて卒倒した姿みて最高だなってなってでもおれ正直ダイブするタイミング逃したことに気づきまして
ええ
みたいな
そしてアンコールはなんか客席に降りてきてみんなを座らせて会場のまんなかでなんとなく僕たちは大人になるんだを仙台名物牛タンに歌詞を変えて弾き語りそして会場みんなで大合唱
いやでも僕はずかしくてこの空気でうっとり合唱なんてできないよ!って思って隣みたらものすごいブッソイクな、ほんともう不細工どころかブッソイクっていうかんじのサイバー系女子高生風情の小太りが歯茎剥き出して泡吹きながらうっとり歌う図に直面してぼく震撼してこいつがなんかほんと心酔してありがとう!ありがとうとかってうっとり恋する乙女然として叫ぶのがなんかなんて予定調和なかんじのファン像を作り出してるんだってなって
というか透けてるし乳首
尖ってるし乳首
存在でてるし乳首
こいつ絶対音楽で救われたとかって言っちゃうタイプ!!
とおれは断言してしまうわけでした
とそんなかんじでライブは9時半頃に終了してしまいましたよっていう報告なんですけど今気づいたけどこれべつにあれだよね
ということで画像はさいごの弾き語りシーンの空中撮影なんですけどおれを発見できます

片輪の祭典 ~忍法風速肩車~

いつだったか忘れたけどハイロウズのコンサートに行ってきました
というかいまだ耳鳴りというか知能障害というか反復横とびが不可能というか軽い残響音とともに幻聴も見え隠れしたりしてさっきから独り言がとまりません。たすけて!
そうまるでジェイコブズrダー的な、或いは地獄の謝肉祭的なはげしい五臓六腑が飛び散らかったベトナム帰還兵的ナイトメアによって目が覚める毎日がほぼ2日ほど繰り返されているわけで、ええ、つまりさっきは完全に忘れていたハイロウズのコンサート自体がいつの頃のお話なのかはさすがに賢明な読者ならもうお気づきだとおもうのですが、ええ、ぼくも今やっと思い出しましたあれはたしか金曜日の出来事です。YATTA!!
つまり端的にいえばそのあまりの筋肉痛とおぼしき身体を駆け抜ける生理痛的なイタキモによって目が覚めるという、まるで夢精と同程度のインパク度によって目覚めるわけで、いや生理痛がイタキモなのかはぼく男の子ですから正確にはわからないものですからコンサート後のこの片輪なぼくのからだの変調を評してよかれとおもって独断と偏見によって生理痛というロックなワードによって表現されたとおもってください
でも生理痛はそんなあれ、マジ半端ねえ!とかいうお叱りのお手紙がありましたらここはひとつ二人で腹を割って話し合えばいいじゃない
話し合えればわかりあえるじゃない
人間、みんな仲間じゃない
ということですので女の子は僕に生理のメカニズムと女体の神秘的な出来事をもっと詳しく教えればいい
わんぱくに教えればいい
ということで金曜日はハイロウズのコンサートに行ってきました。この日を目標に約2ヶ月も前からぼくの秘密トレーニングは続けられてきました。とくにこの1っ週間前の追い込みの時期からは睡眠記憶学習を取り入れるほどの熱心なドリッピー学習法を会得済みなツンボマスターな俺様であるわけでもはや僕のあたまにはハイロウズの全アルバムの全楽曲がすごくおぼろげながらも、は、入っております!!
というかけっこう全レンタルしてMDにおとしただけでほぼ満足しきっていたという事実!なので実はそれほどあんま聞いてなかったわけなんだけどでも僕ははっきりいいって歌詞はおぼえられませんでしたけれど気持ちうっすら口ずさむ程度にまで急成長しております!!という準備万端の体勢でアウエーに乗り込むぼくたち!男の子!
つーかなんか雪が凶暴すぎてなんかぼくらの道程をさえぎるかのような未来を予測するかのような暗雲立ち込める状況のレイプっぽい霰のアゥエイの洗礼・・・!
というかアウェイってうまく文字打てない!しかしながらがんばりすぎて開場2時間前に到着してしまって手持ち日沙汰のひどい有り様!けっこうやることがなくてひどい環境!というかあんま人いなくて心配になる始末!まあ座席指定だから急ぐ意味ないんだけども、ね・・・!!必要ないんだけど、ね・・・!!とか思いながらも燃え上がる闘争本能むき出しの火照った体を持て余してしまい信号機の棒の部分を折り曲げたりする大会開催したり(参加者2名)、酒田の町を徒競走とかして遊んでいたら時間あっというまだったよ!YATTA!!嘘だけどね!待ちくたびれたよ明らかにね!!つーかけっこう時間ちょうどに皆あつまってくるんだね!当たり前だけどね!ということでおれの14列目ってどれだけ最前列なんだよぉてめえ!!とかほとんど持ち物検査のスタッフの胸倉つかんでそして背負い投げしてしまうくらい勢いよく叫びながら会場に入場しましたらけっこうなんか微妙なポジションなんだけど!しかもなんか、なんか・・・!!つーか不登校引きこもり少女と保護者的なかんじのタッグチームに2列差で負けてる!とか
あんないいかんじに若くしてハゲ散らかしてる高校生にもすごい負けてる!とかいうけっこうショックネスな出来事がぼくたちを襲いました
なんかあのチケット争奪戦の電話つながるまでのおよそ7分間でどれだけぼくたちは世間に取り残されていたのでしょうか。ああもう生きる希望さえ残されてはいないのでしょうか。いやもしかしたら生きる価値などそもそもぼくにはないのでしょうね、ええわかっておりますとも
などとフテ寝ぶっこいてると、は、始まったよ!で、でた!ハイロウズでた!本物でた!クネクネすげえ動き!でた!あ、ああ・・・!!な、なんか、なんか・・・おしっこみたいな出た!!とか早速マスタングからの曲がご披露です。うっぴょーーー!!
しかも長門君のとなりの、一人でロンリネスの根暗マンサー的な男子も、なんか遠慮しがちに、の、ノッてる!!すごい恥ずかしそうにしながらも、ノ、ノッてる・・!一人なのに!ああすごい気になる!なんか、俺、カレ気になる!ハイロウズどころじゃない!ああ!わ、笑ってる!はじめての笑顔!わ、わらった!お母さん!あなたの息子!笑ってますよ・・!ハイロウズのおかげで、はじめて歩きましたよ!母さん!とかぼくの隣の隣の席の母子家庭の感動的な血なまぐさい猟奇的ストーリーなどを勝手に尻目に想像しながらもステージに釘付けでそしてさっそく2曲目ほどの段階で飛び跳ねたときに足首がかるくコキっていった音は轟音でかき消されるほどそんなぼくの負傷は些細な出来事!なにより驚いたのはそのパフォーマンスの高純度な完成度いつのまにやらハイロウズは大人のバンド然としたハプニング性を一切排除したまるでローリングストーンズ果てはエアロスミスと同程度の安定感をもったそうまるで親子でも楽しめるような『お約束』が健康的に約束された素晴らしい健全な時代の到来を予感させるのですそしてコールアンドレスポンスをロックの醍醐味(お約束)と捉える彼らの正しいロック講座的な、大人の嗜み方を伝授する義務感に駆られているかのような性急な、それでいてもはやそういう位置に彼らはいるのだと気づかされるわけでありながらもこの大勢の現代っ子たちの前になにやら正しさみたいなものを提示してみせているかのようなそんなはげしくありながらもけっして基本軸から逸脱することなく完璧に遂行されるステージワーク!そのあまりに規律的にボルテージを操作する術をみせるのでしたしぼくたちはそれに操作されればウットリなのです!!
ということで千年メダルやら日曜日よりの使者などわりとアンコール候補としてぼくが思い描いてたいたものたちがけっこう中盤でやってきましたので何事かと思っておりましたがアンコール前最後が真夜中レーザーガンでアンコールはトゥーレイトトゥーダイとか新曲のサンダーロードをはさんでハスキーが最後でした最高でした
というかマスタングからアネモネ男爵がきたのでうれしかったんですけど一番うれしかったのはミサイルマンだというのは当然ですハーモニカを使用してのライブバージョンはもはやオーバーホールされたミサイルマンそのものなのですから
でも一番の会場内のハイライトは不死身のエレキマンと断定してしまってかまわない
つーかマーシーのキャサディキャサディーが最高なんだけど
というか当初は想定されていなかったであろう突然の青春の演奏からも彼らがどれだけ酒田っ子の大いなる盛り上がりにきもちよかったかは容易に想像がつきます
ということでハイロウズのライブは一言で言うと正義そのものでした毎回いくことにするよ俺
つぎはおれ仙台の銀杏ボーイズいきますとりあえずCD買ってきます

Paging Navigation

Navigations, etc.