死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『es(エス)』 (2001) オリバー・ヒルツェヴィゲル

FI1063680_0E.jpg

なんか擬似刑務所のような設定で「囚人役」と「看守役」にわかれてのそれぞれの人間の極限状態の心理考察みたいな実験するんですけど実際の刑務所内のほうが断然ひどくなってる有り様なはずなのにあんな3日かそこらでなにも腕立て伏せさせられたくらいで人間は狂うかねという話だよね。というか刑務所ってそんな極限状態を作り出すほどの空間でもないと思うんですけどそんなデータが常識化してしまったらあれだ例え罪を犯した人間ではあっても7日以上の拘束は無理とかいうすごい新発見ということに。だいたいそんな腕立て伏せが強烈に心に深い傷を刻み込んでしまうような繊細な弱い人種たちの特殊な心理戦とかすごい参考にならないんですけどこれ人選がそもそも間違っていたという解釈でいいですか?そんな刑務所で菊門をこれでもかと拡大させられて出血している実際の受刑者の皆さんはそらもう現場復帰不可能なくらいに間違いなく全員狂うよとかいう結果が導き出されるはずなくらいにこの実験間違ってると思うんですけど。だいたいガス室大量虐殺とかおしゃれな部屋を考え出した鬼畜頭脳のドイツ人らしくないやさしい発想がみちあふれているよね。これ暴力が許可される大前提のもとにこそ人間の徹底した服従という心理図式が成り立つはずなのであって看守とはそもそも暴力的であるべきなのです。バイオレンスの無い看守なんてただの普通の人となんら変わらないのです。暴力なくして秩序はうまれないのです。看守がただの人と違うと認められるべき唯一の差異はそこに暴力が存在するからこそです。差異は階級をうみます。階級を秩序立てるのは暴力です。囚人と看守を区別するものそれは暴力的な権利を有するかどうかなのであってそして生産的な暴力を駆使することができるというのはまさに看守の特権といえます。その魅力的な権力のためにこそ男は全員看守を目指すべきなのです。卒業文集には将来の夢はパイロットか看守になりたいとおもいっきり書くべきです。そこには夢があるからね。暴力には男の子の夢が託されているからです。だから徐々にバイオレンスを獲得していく看守役の人たちはその実験によって予め設定上剥奪されている暴力的な役割機能を取り戻すという行為によって肉体に内在する人間の本能的な夢に向かってつっ走るのですそれはある意味で社会に剥ぎ取られた人間らしさでもありつまりは人権の奪取の旅であるともいえます。人権無視な行動に移るにはそもそも人権を持たなくてはならないからです。看守は暴力によって自らの人権を再確認するのです。そして暴力には自ずと権威が付随します。だから暴力のもとにはみな服従するのですっていうもうめんどくさいので適当な結論でいいですか58点
スポンサーサイト




『ハイル・ミュタンテ! 電撃XX作戦』 (1993) アレックス・デ・ラ・イグレシア

FI1063639_0E.jpg

人体が特別変異しているミュータントたちが筋肉という世界の健全を象徴する物体を破壊しようとたくらむというつまり差別と戦うテロリスタ集団を極めて差別的なテイストで描いたものだが障害者特有の不健全さと聖性が核融合したかのような不穏な存在感がこの集団には欠落しているわけでその要因はまず第一に健常者が障害者役であることであってミュータント属性のいかがわしい存在論的ギャグテイストがいくらかも理解されていないことに失敗がある。逆にいえば感動要素を追求するならば障害者を障害者が演じてはならないなぜなら畸形はおもしろいから。
とか思いながらみてたら徐々にビルドアップされていく不具者の華麗なハードボイルド観が反逆炸裂してつまり人質であるはずの才女は不具者となりはじめて解放の感覚を得るのであってぼくの足は3本はいらない55点

『ガンモ』 (1997) ハーモニー・コリン

FI1060774_0E.jpg
ひどくて素敵だったなー別になにも意味ないけど奇怪な人たちはそこにいるだけで絵になるからずるいよね。おれもただそこに立ちつくすだけで放つ存在感を手に入れたいんだけどそれは奇怪な雰囲気をまとうことによってしか得られないのだとしたらなんて悪魔的な取り引きをしなければいけない!なんてあまり迷わない選択が接近中なんだ!ということでこれは別にあれなんだけどなんか壁と木を往復してるひとりでリレーとか楽しそうだったね俺も仲間に入れてくれよ100点

『ジュリアン』 (1999) ハーモニー・コリン

FI1060810_0E.jpg

迫力あったなーあの畸形。腕ないから足に腕時計してるんだよねー。やっぱそれも腕ないから足で器用に装着してるのかなとかがんばっててすげーとか思ったりしたけどがんばってる畸形ってなんでこんなにおもしろいのかね。がんばらなくてもいいのにがんばってる人ってなんかファンタスティックだよねというか別に普通はがんばらなくてもいいようなことでも畸形なばかりにがんばらざるをえないという無駄な努力を強いられてるからそこにその行動すべてがファンタジー色に彩られるよね。だからそんな俺簡単にできますけどっていうことでもがんばれるからすごいずるいよね。差別だよね。ということで息子におまえは家族のなかでいちばん母さん似だから母さんのドレス着てみてくれとかホースで激しく放水しながらこの水分を肉体で吸収して体重増加を図って強くなれとか父親のヘルツォークがすごい無理なこと言ってておもしろかったなー。ヘルツォークって畸形と一緒に並んでもまるで遜色もなく違和感もない存在自体が奇怪ですばらしいよねなんか裸にガスマスク装着してるし独り言が迫力あっってすごい良かったとおもうよ。ぼく独り言を聞くのすごい好きなんだよね。独り言を発生している人がいるとどうしても全部聞きのがすまいという大追跡してみたくなっちゃうこれ常識だよね。だって独り言ってたとえ一人でも言い出せずにはいられないくらいの欲求に駆られてるわけですからね。どれだけ話したくてたまらないんだと。だから画面でひとりごといっぱい言うジュリアンはすごい神懸かり的な的中率を誇っていたと思うよねしかも盲人たちとボーリング大会とかところどころ天才的なギャグが炸裂してるし更には聖的且ついかがわしいフリークスの配置がその特殊な身体の欠落による端的な可笑しさみたいなものに僕は笑ってしまうんだよね。だって黒人の白子とかあきらかに神様の命懸けたギャグ的なものとしか思えないような迫力だもんおかしいよねあれはぼくらは笑ってあげないとほんと文字通り体を張ったギャグが全否定されかねないというそれは無駄に畸形なだけに陥ってしまうからね気づいてくれてよかったと思います。97点

『MAY -メイ-』 ラッキー・マッキー 

e0028089_17165397.jpg
友達がいないからだったらいっぱいお気に入りの体の部位を集めて縫合して作ってしまえばいいという極めて頭の悪い映画。こういうので興奮するのが許されるのは中学生までなので大人な僕には通用しませんでした。51点



『ファニーとアレクサンデル』 (1982) イングマール・ベルイマン

FI1032492_0E.jpg

おそれおおいぜ。死ぬぜ。5時間とか普通しぬ。一時間半過ぎあたりに第二部とか始まった時にはもうね今までの時間がかるく第一部だったというのを忘れようとしてたので普通になんかびっくりしたふりをしてみたりねもうこれは一体何部構成なのかとちょっと絶望的な観測すらしたわけだけどしかしなんて素晴らしいんだとその後思い直すことになるよねというかまるで注目しきり。もし俺を核ボタン押す部屋にひとりきりにしてみたら多分押すよ俺、と即答するくらい淋しさに耐え切れないゆえに全員道連れでボタン押してしまうほど心が弱いおれに人類の未来の選択権を委ねてみることのおそろしさに匹敵するくらいの悪魔的な時間をうっとりし続けたよね。というか5時間だけどはっきりいって余裕で見れる。なぜならおそろしいまでの推進力が物語を貫いているので序盤の貴族の豪華な居住から粛々とした神に仕える佇まいへの居住への変遷を軸に悪魔的な業火に巻き込まれるなだらかな下降線があまりに不吉なのですっかり見逃せない対決。なにより神への不信感と自虐的な現実逃避の幻影の機能的連関のドッキングの神秘がすさまじすぎ。幽霊を善人も悪人も等価値として捉えてしまうことの恐怖。善人のみが超人的な幽霊となって現世に「良い」影響「だけ」を及ぼすなんてそんなご都合主義は人の救済のために存在するはずの神がいないと確定された世界では通用しないし善人が出現するのと同系列で悪人も出現することのつまり死者は平等に出没する当然の法則にマジ恐怖するね。でもって子供目線と見せかけて何気にけっこう夜中の秘匿的な要素が物語の中枢に君臨してるんだけど舞台の多くが夜であるという事実の違和感が奇観全体を支配していてそれは他でもなく白夜であることの不思議感で子供たちも明るすぎてねむれませんという話ですよね。格子窓から外を眺めるのも朝と見せかけて夜かもしれぬという実にその異常な明るさが密室感を際立たせてあの窓際へのへばりつき方の病的な窮屈さといったらなんだ。通常暗闇であるべきところで行われる出来事を白日の下に電光石火で曝け出しあたかも舞台の幕の陰翳に隠匿されるべき秘め事のオールナイト的な効果を麻痺させてなんて白昼堂々とセクシャルに立ち振る舞うんだとあやうく錯覚すら憶えるんだけどそうこれは紛れもなく夜なんだ。ただこの神々しいまでの白夜の明るさの前ではなにをやってもまるみえに違いなくそれは神の御前でもまるみえに違いなく亡霊の前でもまるみえに違いなくぼくらの前でもまるみえなのですものおそれおおいぜ。この実力おそれおおいぜ4680点

Paging Navigation

Navigations, etc.