死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『ロスト・イン・トランスレーション』 (2003) ソフィア・コッポラ

litoverture01.jpg

誰もその場所においては帰属することの許されない断絶した個体の連なりによって形成される地方出身者共の集合体としての東京という場所においては誰もがそれぞれ“非”母国語の標準語を共通言語としてはじめてその場所に所属できる協定を結ぶのである。極めて地元民以外の人種で形成される都民と都市とは異質な者同士が同じ所属を、つまりは共通言語で結びつくことを矯正される場所でありそれに適応できない者はいつまでも異邦人として所属を許されることはないのである。この映画における外国人とは(地方出身ながら所属と順応に成功した)周囲の無数の都民と本質的な差はなくてただ程度の差が、日本人と外人という違いよりもむしろ都市に馴染むスピードの差に過ぎないような気もするようなつまりは日本人ではあってもこの外国人の戸惑いと孤独を同様に感じることの出来る町であったりもするという。そんな東京砂漠というおそろしい異空間においては共通言語を会得しないかぎり所属を許されない永久的にストレンジャーであって外人にとっては英語の発音のRとLの違いに限らずここで交わされる言語とは意志を疎通させる手段ではなくて単なる笑える不可思議な音にしか過ぎないのであるのです。たしかに日本語というかアジアの言語は外人にとってすさまじくおもしろい発音らしいしというかじっさい朝鮮語なんかありえないテンションだからね。そういった標準語以外は意味を解すに至らない言語と意志のすれ違いが日常的な町である東京なので外人は意味から切り離された音としての言語と同系列でゲーセンのなかの音ゲーにとりわけ視線集中なわけで言語が意志疎通の目的を喪失してしまった場所では人々が孤立していかざるをえないのは当然なわけでそんな人と人との断絶を許容し続ける意味をもたない言語(音)に支配された町の喧噪から逃げるように外人が集う沈黙の世界たるプールの中での息継ぎの瞬間における音の侵入こそこの映画が音の集合と配列にしか過ぎない言語が飛び交うそこに意志も意味をも伝達できない人々と町を表すのである。ということでパークハイアットってあんな高級なところで田中康夫は毎日ぺろぐりなのか。なんて羨ましい。しかし藤原ヒロシとヒロミックスの顔がきもちわるくてあれだ92点
スポンサーサイト




『クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』 (1998) 原恵一

FI1186097_0E.jpg

コードネーム“お色気”と“筋肉”が示すように世界とはほぼ筋肉とエロスによってその平和が統括されているといっていい。そしてなによりも子供教育として正しいのはその肉体性の純粋な感動を伝えようとしている心意気にあるのであってお色気の人としての肉体のフォルムつまり人体が空気を切り裂くときの身体の跳躍的な動きの醸す生命体としての爆発そのものに美しさが宿るということを描こうとしているのがなによりも人間賛歌そのもの。その肉体礼賛を顕著に表現するのがお色気のある種感動的でさえあるすばらしい躍動に満ちた肉体とそれを包み込むぴったり皮膚の全身タイツ風トゥームレイダー。ぷるんぷるんは当然として特に博士が執着するように女性性そのものである臀部と太腿の神々しさがすばらしすぎる。全身タイツ愛好家がその肉体の形状そのものに高度な興奮要素を抽出できるということそれが偉大なのではなくその形状を必死に手触りによって知覚せんとすその先進的な変態的願望に偉大さがあるのであり人に向き合おうとする姿勢の勤勉さに偉大さがあるのでありつまり自らの身体を全身繊毛化することによって原生動物化し全身の皮膚感覚でもって触覚のダイレクト感で人間の肉体感を理解しようとするという生命の表現する肉の外形そのものを理解しようとする真剣さと必死さその確かな手ごたえによって人は人の命の尊さの理解を可能とするのである。なのであれは実用性重視の運動の連動性を主たる目的としているわけではなく肉体というか筋肉の動きひとつひとつをその単一の光沢の中で放つ皺と陰影と波打つぴたぴたタイツの動きによって観るものを圧倒しようとするそれは肉体のフォルムをタイツの質感によってエロという高尚な地位にまでレベルをあげるのでありそれはキャッツアイのタイツ効果とも同様。だから極限にまで肉体を鍛え上げた女レスラーと相撲力士的なモビルスーツの登場にも肉体賛歌の意味を共通に汲み取れるのであり身体的欠陥によって悪の刺客が自滅するのは偶然ではない。更に我々に簡便な回答が示されるのはコードネーム筋肉。あきらかにシュワちゃんのコマンドーへのオマージュというかオマージュってなにかよくわかなんないけどシュワちゃんの吹き替えでお馴染み声優玄田哲章とミリタリー質の筋肉という組み合わせで展開する筋肉の筋肉による筋肉のための世界、それは筋肉のみで悪を征すという、肉体の、筋肉の運動の純粋なる感動、身体性が見る者に喚起する感動の純度の高さをぼくらに教えようとするだなんてマジなんてすばらしいメッセージ。原恵一は人間の動きの感動、そして動画の発する感動とはなにかを知っているんだ88点

片輪の祭典 ~忍法風速肩車~

いつだったか忘れたけどハイロウズのコンサートに行ってきました
というかいまだ耳鳴りというか知能障害というか反復横とびが不可能というか軽い残響音とともに幻聴も見え隠れしたりしてさっきから独り言がとまりません。たすけて!
そうまるでジェイコブズrダー的な、或いは地獄の謝肉祭的なはげしい五臓六腑が飛び散らかったベトナム帰還兵的ナイトメアによって目が覚める毎日がほぼ2日ほど繰り返されているわけで、ええ、つまりさっきは完全に忘れていたハイロウズのコンサート自体がいつの頃のお話なのかはさすがに賢明な読者ならもうお気づきだとおもうのですが、ええ、ぼくも今やっと思い出しましたあれはたしか金曜日の出来事です。YATTA!!
つまり端的にいえばそのあまりの筋肉痛とおぼしき身体を駆け抜ける生理痛的なイタキモによって目が覚めるという、まるで夢精と同程度のインパク度によって目覚めるわけで、いや生理痛がイタキモなのかはぼく男の子ですから正確にはわからないものですからコンサート後のこの片輪なぼくのからだの変調を評してよかれとおもって独断と偏見によって生理痛というロックなワードによって表現されたとおもってください
でも生理痛はそんなあれ、マジ半端ねえ!とかいうお叱りのお手紙がありましたらここはひとつ二人で腹を割って話し合えばいいじゃない
話し合えればわかりあえるじゃない
人間、みんな仲間じゃない
ということですので女の子は僕に生理のメカニズムと女体の神秘的な出来事をもっと詳しく教えればいい
わんぱくに教えればいい
ということで金曜日はハイロウズのコンサートに行ってきました。この日を目標に約2ヶ月も前からぼくの秘密トレーニングは続けられてきました。とくにこの1っ週間前の追い込みの時期からは睡眠記憶学習を取り入れるほどの熱心なドリッピー学習法を会得済みなツンボマスターな俺様であるわけでもはや僕のあたまにはハイロウズの全アルバムの全楽曲がすごくおぼろげながらも、は、入っております!!
というかけっこう全レンタルしてMDにおとしただけでほぼ満足しきっていたという事実!なので実はそれほどあんま聞いてなかったわけなんだけどでも僕ははっきりいいって歌詞はおぼえられませんでしたけれど気持ちうっすら口ずさむ程度にまで急成長しております!!という準備万端の体勢でアウエーに乗り込むぼくたち!男の子!
つーかなんか雪が凶暴すぎてなんかぼくらの道程をさえぎるかのような未来を予測するかのような暗雲立ち込める状況のレイプっぽい霰のアゥエイの洗礼・・・!
というかアウェイってうまく文字打てない!しかしながらがんばりすぎて開場2時間前に到着してしまって手持ち日沙汰のひどい有り様!けっこうやることがなくてひどい環境!というかあんま人いなくて心配になる始末!まあ座席指定だから急ぐ意味ないんだけども、ね・・・!!必要ないんだけど、ね・・・!!とか思いながらも燃え上がる闘争本能むき出しの火照った体を持て余してしまい信号機の棒の部分を折り曲げたりする大会開催したり(参加者2名)、酒田の町を徒競走とかして遊んでいたら時間あっというまだったよ!YATTA!!嘘だけどね!待ちくたびれたよ明らかにね!!つーかけっこう時間ちょうどに皆あつまってくるんだね!当たり前だけどね!ということでおれの14列目ってどれだけ最前列なんだよぉてめえ!!とかほとんど持ち物検査のスタッフの胸倉つかんでそして背負い投げしてしまうくらい勢いよく叫びながら会場に入場しましたらけっこうなんか微妙なポジションなんだけど!しかもなんか、なんか・・・!!つーか不登校引きこもり少女と保護者的なかんじのタッグチームに2列差で負けてる!とか
あんないいかんじに若くしてハゲ散らかしてる高校生にもすごい負けてる!とかいうけっこうショックネスな出来事がぼくたちを襲いました
なんかあのチケット争奪戦の電話つながるまでのおよそ7分間でどれだけぼくたちは世間に取り残されていたのでしょうか。ああもう生きる希望さえ残されてはいないのでしょうか。いやもしかしたら生きる価値などそもそもぼくにはないのでしょうね、ええわかっておりますとも
などとフテ寝ぶっこいてると、は、始まったよ!で、でた!ハイロウズでた!本物でた!クネクネすげえ動き!でた!あ、ああ・・・!!な、なんか、なんか・・・おしっこみたいな出た!!とか早速マスタングからの曲がご披露です。うっぴょーーー!!
しかも長門君のとなりの、一人でロンリネスの根暗マンサー的な男子も、なんか遠慮しがちに、の、ノッてる!!すごい恥ずかしそうにしながらも、ノ、ノッてる・・!一人なのに!ああすごい気になる!なんか、俺、カレ気になる!ハイロウズどころじゃない!ああ!わ、笑ってる!はじめての笑顔!わ、わらった!お母さん!あなたの息子!笑ってますよ・・!ハイロウズのおかげで、はじめて歩きましたよ!母さん!とかぼくの隣の隣の席の母子家庭の感動的な血なまぐさい猟奇的ストーリーなどを勝手に尻目に想像しながらもステージに釘付けでそしてさっそく2曲目ほどの段階で飛び跳ねたときに足首がかるくコキっていった音は轟音でかき消されるほどそんなぼくの負傷は些細な出来事!なにより驚いたのはそのパフォーマンスの高純度な完成度いつのまにやらハイロウズは大人のバンド然としたハプニング性を一切排除したまるでローリングストーンズ果てはエアロスミスと同程度の安定感をもったそうまるで親子でも楽しめるような『お約束』が健康的に約束された素晴らしい健全な時代の到来を予感させるのですそしてコールアンドレスポンスをロックの醍醐味(お約束)と捉える彼らの正しいロック講座的な、大人の嗜み方を伝授する義務感に駆られているかのような性急な、それでいてもはやそういう位置に彼らはいるのだと気づかされるわけでありながらもこの大勢の現代っ子たちの前になにやら正しさみたいなものを提示してみせているかのようなそんなはげしくありながらもけっして基本軸から逸脱することなく完璧に遂行されるステージワーク!そのあまりに規律的にボルテージを操作する術をみせるのでしたしぼくたちはそれに操作されればウットリなのです!!
ということで千年メダルやら日曜日よりの使者などわりとアンコール候補としてぼくが思い描いてたいたものたちがけっこう中盤でやってきましたので何事かと思っておりましたがアンコール前最後が真夜中レーザーガンでアンコールはトゥーレイトトゥーダイとか新曲のサンダーロードをはさんでハスキーが最後でした最高でした
というかマスタングからアネモネ男爵がきたのでうれしかったんですけど一番うれしかったのはミサイルマンだというのは当然ですハーモニカを使用してのライブバージョンはもはやオーバーホールされたミサイルマンそのものなのですから
でも一番の会場内のハイライトは不死身のエレキマンと断定してしまってかまわない
つーかマーシーのキャサディキャサディーが最高なんだけど
というか当初は想定されていなかったであろう突然の青春の演奏からも彼らがどれだけ酒田っ子の大いなる盛り上がりにきもちよかったかは容易に想像がつきます
ということでハイロウズのライブは一言で言うと正義そのものでした毎回いくことにするよ俺
つぎはおれ仙台の銀杏ボーイズいきますとりあえずCD買ってきます

『吸血鬼ゴケミドロ』 (1968) 佐藤肇

gokepaka.jpg
たんなる怪奇映画にとどまらず反戦思想やら人間のエゴやら政治家のダークサイドやらを詰め込み人間の業を描いた意欲作。ある日、宇宙生物ゴケミドロが地球侵略の為に地球にやってきます。ゴケミドロは人間の体に乗り移り吸血鬼となって次々と人の血を吸って殺してゆくのです・・・・!!
というなんとも地球滅亡までには気が遠くなりそうな時間と労力がかかりそうなわりかし地味で地道な行為をするのです。でも走って逃げても追いかけてくるのです。厄介!都合よくたまに落石があっても気にしません。不時着した無人の荒野と隣り合わせに町があってもドンマイ!というかいつのまにやらガソリンの入ったバケツが足元に置いてあった時には一瞬怯みましたゴケミドロ。でも地球侵略の為にはゴケミドロはそんな地球人の織り成すミラクルの数々にもめげずに頑張るのです。ファイト!がんばる人は応援したくなっちゃう!たとえそれが地球侵略のための悪者であっても・・・!!がんばれ!ということででもこの映画の焦点はそんな恐怖よりも、ゴケミドロに殺されそうになった政治家が「こいつを殺せ!」とふつうに他人を犠牲にする光景にあったりするのです。というより白いタートルネックの男前のオッサンが血を吸う為オッサンの首に・・・!というじつに暑苦しい魅惑のシチュエーションが恐怖なのです。というかなにあの割れ目・・・!!卑猥にもほどがある100点

『クリミナル・ラヴァーズ』 (1999) フランソワ・オゾン

4-2.jpg

なんかいろいろなホモセクシャルな数々が画面を撃ち抜いていてすげえ穴が大きく広がっていてそんなんじゃ穴を埋める作業が大変苦労するのにとそういう穴が拡張されていく風景はアナル的といわざるをえないわけでそれがたとえ綺麗な顔の従順な肉奴隷とかすことが邪悪だということではないわけでそれはつまり恋ではない70点


『桜桃の味』 (1997) アッバス・キアロスタミ

FI1134784_0E.jpg

なんだこれ。自殺したい男が自分寝っ転がった穴にあとから土かけてくれる役目の人を探しまくる話ってなんだそれ。だいたい自殺する時それ人に云ったら駄目ね。そんなみんなに大公開だなんて気持ち悪い行動だ。しかもひとにお願いする時その態度はいかがなものかと思ってしまうくらい一方的なのでそら頑なに断られますって話だよね。気持ち悪いね。そんなよりによって神学生とか宗教上の理由だからとか人民の命と安全を守る兵士だからとかそんな事より根本的にこの男は無防備に車に乗ってしまういたいけな男子たちに悪戯しそうな気配濃厚なんですものそら身の危険を敏感に察知して車から逃げますとも。というかそんな自殺宣言しまくってこれ絶対たとえその依頼を誰も引き受けてくれないのだとしてもそんなに大勢に知らしめておけば当日誰か気になって仕方がない親切心から引き止めてくれないかといういやらしい魂胆だよね。逆にこれあれだ自殺扶助はできないとかみんなもっともらしい清らかな発言してるけど実はその穴に集合しない奴はひとの自殺を見届ける気もないけどかといって本気で人を助ける気もないということだ。人間なんてそんな人の死にいちいち真剣になれないんだよね。俺も関係ない人が死んだってそんなすごいどうだっていいもの。だからこの男とか普通に砂利に頭突っ込んどけみたいな効果的なひとり埋葬術を伝授してあげたいよとか思ったよ。だからこれは人間讃歌的には最後みんなこの男の出会った人たち大集合すべきなんだけどたしかに人の価値とはその人の死によって計り知れると聞くよね。つまりは葬式の規模なりその死を悼んで大集合する人の数こそがその個人の死が(人々にとって)重みがあるのかを感じ取れる唯一の機会だという。そんなおれ死んだら悲しんでくれる人がいるのかなというか結構あまりいなそうな雰囲気をかもしだしてるのでそれはもう迂闊に死んでしまってはいけないような危険を察知してしまってるので自殺なんて考えられないよねまじで。自殺して脚光浴びようなんてそんな大注目な方法はよほど自分が他人にとって重要だと思われてるという自信がないと出来ないぜ。だいたい苛めアピールに対しての自殺なんて自分の死がそれほどまでにも尊大だとの認識がないと効果は期待できないからね。それって自分の死によって相手に自分の存在感の重みを攻撃力へと転換する方法なので当人は自分の死に価値が(つまりは自分の生が)大いに巨大だとの認識のうえに成り立つ恥かしい思考回路のうえの反撃なのですけど苛める側は実はそんな苛める相手の生死の価値なんて微塵も感じてくれていないのですごいどうでもよかったりするという。ただ社会の反響が制裁的なダメージを与えているのに過ぎなくてそれは個人の(尊大だと思ってる)死そのものが影響を与えているものではないので自殺するひとほど自分にはよほど価値があるのだと錯覚してるんだと思うんだよね。人の死の価値なんて他人にとってはおそろしいくらいねえよ。けっこう自分が思ってる以上に自分のことは他人にとって価値ないよ。だから人の死にいちいち真剣になれるなんて嘘だね。というか多分あすこの穴行くのめんどくさい。普通にあの山道めんどくさい。人生にとってめんどくさいことはそれがたとえ人助けだろうと人命に関わることであろうともめんどくさいことはしないんだよね実のところ。俺なら絶対しないものあんな山。たけー。61点

『殺人の追憶』 (2003) ポン・ジュノ

FI1120066_0E.jpg

そういえばヘルツォークの『神に選ばれし無敵の男』も釘が足に刺さってたの適当に放置してたらなんか切断とかっていう凶暴な展開あったけどあんな釘刺さると人間の足は死ぬんだね俺気を付けようとおもいました。あれって現代の医学力をもってしてもそうなの?すげえ威力
ということでこれは追憶なのですから刑事が過去に扱った事件への追憶ということでもあり同時にいまだ捕まっていない犯人自身の追憶でもあるという非常に凶暴な様相を構築しているわけで犯人は事件後に現場に立ち返る習性があるという劇中のあの殺害陵辱事件現場において活字媒体情報のみを参考としながら下着パーツのみで妄想を無限に広げながら自涜する素晴らしいポテンシャルを秘めた天才的なお方によってその習性の真偽のほどははぐらかされたもののその結果を最後にぼくらは目撃するわけですしかしながらなぜに追憶することに意味があるかといえばそれは現代では罷り通らない未解決にうしろめたさが存在するからにほかならないわけであの時代はすべてがうしろめたい感覚に罹患しているのでしたなぜならうしろめたさの後遺症としての悶々とした爆発力の時代をいまは生きているからなわけででもきっとその悶々としたコスモのなかに胎動するもののなかにはおそらくは後悔という省みる行為も鳴動しているわけですのでそのような回顧録のさきの頁にはおよそ救いが待機している予兆ともいえるわけで眼球がもしくるくる回転するようなすばらしいファンタズマな構造であったならどれだけ一体逆サイドである球体の裏側方面を見つめたときそこにどんな光景が展開されているのか想像するのはすごい楽しい天国なので今から僕は練習してみるけど考えてみれば眼球自体はつねに目を開いているわけで瞼が閉じることによって訪れる暗闇がさも眼球という球体の不思議自体がその視界を閉ざしてしまうかのような錯綜と迷走!しかし実際には瞼が視界を遮蔽するのであって事件もまたそれ自体が目的を失うのではなくてそれを取り巻く周辺事情が事件の意味を閉ざすわけです。周囲の興味と集中は事件の残虐度にかかわらず褪色するのです。なのでじっさいには眼球が瞑目するわけではないにもかかわらず感覚的には眼球自体が瞑目するのではないかといった脳内的な情報の錯覚に陥るわけではあるがぼくの仮説からするとすくなくとも眼球が横に回転するときにはある程度瞼は閉じてしまうのが礼節を重んじる日本人的なものだといえるだろうそれは高度な恥という重要な感度だ。遮蔽幕を下ろす主導権は事件にかかわる人物各々に掌握されているわけであるしまた刮目する権利もまた当然のことながら彼らに委ねられているそれは元刑事とそして犯人にだ。研ぎ澄まされた骨折はさきのほうにいくほど鋭い切れ味であるのは紛れもない階段を上り下りする作業の労働時間に匹敵する。それは無駄なことだ。でも無駄なことをやっていたことのうしろめたさを見るのはすごい楽しい。この穴が生きれない亀裂的なうしろめたさの感覚に徹底した人間には業火にまどろむ聖人の像が重なる。なんて神秘的でどうしようもない気候だ。気候は時代を象徴するだろうなぜならそのうしろめたさを土地の起伏に記憶するためだ。114点

John Frusciante 『Shadows Collide With People』

これほどまでに繊細な女装をおれはいまだかつて見たことがないし恥ずかしいならスカートのしたのパンツだって女性になりきっているんだしけっこうはりきっているんだねって言われたって文句いえない
Shadows Collide With People Shadows Collide With People
John Frusciante (2004/02/24)
Warner Bros.
この商品の詳細を見る

『ピクニック at ハンギングロック』 (1975) ピーター・ウィアー

FI1083470_0E.jpg

なんてまばゆい!まばゆいのはおそろしいことだなぜなら失明するからだ。失明するのが何故にこわいのかは今は想像でいうしかないわけであるがというのも今は正確に目がみえるからにほかならないわけであるからでそのトワイライトな恐怖とは想像が断片的であるけれどすくなくとも今とちがうという、その変化することはこわいにちがいないけれどそれは無菌状態の室内でいっぱいおおきく欠伸する俺がとても綺麗だということに他ならないわけだがそれがもし失明してたらたぶん手探りであるくことが余儀なくされるのでそれはかなりの高確率でほぼ階段から落っこちるわけだけどそれは視覚的に落ちている自分のさまがおそろしいのか身体が落下している速度のさなかに身を投じることが恐怖に直結している謎の正体であるかはじつに謎だ。謎はうつくしい。解き明かされない謎は永久にうつくしいけれどそれは解き明かされない謎自体が美しいままなのがすばらしい滑らかさが潤滑してるわけではなくてきっと謎に取り残されたぼくらが著しく退化してしまう時間のおそろしさがうつくしいのだ。なおさら失明中だということで頭は瓦解している昼間の事件性な逮捕劇であたまはいっぱいだ。きっといやらしい想像はあたまの重量がことごとく増すのだろう僕の頭はすこぶる重くなってしまってほとんど不安定な厳粛な綱渡り師として切れ味は増している。
想像以上だ。想像以上に切れてしまうことは危険だ。だって間違って切りたくないところまで切れてしまうからでそれは切れていないところを切るのは簡単だけど切れてしまったところを切れる前の時代に巻き戻すには難しい。たぶんいっぱい触られるのに憧れている。いっぱい触られると微かに固まってくると思う。思う、というのはいっぱい触られてはいないから思うだけであってそれは謎だ。謎は美しいと思う。思う、というのはぼくが抱え込んでいる謎はもしかしたら今後解明されるかもしれない可能性を秘めている秘め事なわけだからにほかならないわけで暫定的な謎という位置を暫定的に確保してるにすぎないからこそいまは思っているにすぎないわけであるのでただひとつ確かなのは今の解き明かされないいくらかの謎はいまのままでも十分に美しいということであってできるならこの謎はずっと謎としていてくれないか。頭は重い方が頭よくみえるとおもうしいやみえる、とは言ったが実際には見るだけではなく重さを量らなければいけないのでいっぱい触ってくれないと俺の頭のよさはわからないだろう。この重さに体はおそらく右にグラグラするだろう。震度9ほどはあるであろうその存在自体の重量を脅かす自家製の揺れはいみじくも心象風景を拡散させるだろう。なぜならまばゆい煌めきを凝視するほどのすばらしい体躯を持ち合わせていないことに気づいていながらもまばゆさに対抗しようとする車輪に腕までをも巻きこまれて壊れて折れ曲がった通路のぐにゃぐにゃが相当に気持ちよい現象だ。縄師は咲き乱れている標的はおまえだからだ100点

Paging Navigation

Navigations, etc.