死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『さようならCP』 (1972) 原一男

FI1378391_0E.jpg

なんか基本的になにしゃべってるかわかんなくてすげー困った。
CPというのは脳性麻痺"Cerebral Palsy"の頭文字なのだそうですがそんな障害者であるからといって自ら社会から隔離されて暮らすことを拒否しあえて不自由なままの剥き出しのいかがわしい体で街頭活動(なぜかポエムの朗読!)を起こして人々に主張する道を選んだCP者団体「青い芝の会」に迫った原一男なのですがそもそもなぜにかれらと意思疎通が滞りなく図られているのか謎!会話が謎!貴様らちゃんと日本語しゃべれやビチグソが!!とか俺が思った矢先に原一男とはなぜか普通に会話が成立していて、あ、あれーみたいな。
ともかくぼくのようなお金持ちにとっては解読不能な宇宙言語が飛び交う戦場なので基本的に僕ちんすげえ眠いというかでも障害者における性の問題に切りこまなきゃ意味無いぜとぼくは常々おもっていたのでちょっとした強姦話とか切々と言語障害で語る姿は必見であります!
こわいよね。
しかしながらこの急進的な団体の積極的に不自由な体を人前に晒していこうとする姿勢、それは隠遁生活を強いられることは自ら障害者差別を容認することだとの認識のようですが果たしてそうでしょうか。町中での人々の反応、それは総じて「お気の毒に。」という言葉に集約されるようにその不自由なからだが健全者の群集のなかに存在することによってより点としての不自由さが際立つというか自ずと自分と自分以外との他者との紛れもない差異を感じずにはおれないというかいやそれは本人達が自覚していないのだとしたらそれはもうだからこそCPなのだとしかいいようがないというか社会から隔離して生きることが出来る社会、それというのはそれこそ極めて社会の優しさであるのだと思いますが。ましてやその街頭パフォーマンスにおいてしっかり募金箱を設置しているあたりに既に差別を自ら認めているのであり金銭を授受することはつまり「お気の毒に。」という人々の厳然とした自分に対する差別的視線を受け入れることでもあることに気づいてはいないのでしょうか。彼等は彼等の姿を積極的に見せられる側であるぼくらのどうしようもないこのいかがわしい気持ちを理解していない。65点
スポンサーサイト




『グレートハンティング 地上最後の残酷』 (1975) アントニオ・クリマティ&マリオ・モッラ

hunting_2.jpg

いつの時代も中学生に大人気不動のポジションを堅守する残酷ドキュメンタリーというのはぼくらの心を弄んでしまうの。
というか迫真の擬似プレイなんだけれども頑なにドキュメンツと主張。で、どっかの原住民が地面に穴掘って一生懸命集団で地球にちんこ挿し込んでいました。
ぼくもおなじ人間かと思うと微妙にかなしくなりました。
であの伝説のライオン人食い場面が実にほのぼとした雰囲気!めたくそ八つ裂きに食い散らかされてますけれどもこれがヤラセ映像というのこそ嘘情報でぼくを洗脳してるのじゃないかしらと逆に疑わしいほどの殺害生中継迫力光景でこれ撮影中にほんとにマジ死人でてしまったがゆえにあれ嘘ですとかって巧みに情報操作してるのじゃないですかとか僕言ってみることにしました。実際もうひとつの人間の尊厳に揺さ振りをかけてくるショッキング点火の人が人を狩るという残酷マンハント現場も妙に和やかなパワーで楽しそうですねこれも嘘ってほんと?ぼく絶対信じてしまうよこんな!こんなの・・・こんなのはじめて!!っていうことでおもいっきりちんこ切断してまでも全力の笑顔見せてるもの。あの笑顔も演技力だとしたらぼくもう人を信じることなんてできやしないっ!と悲観してしまいますよそら。でそんなこんなで地上生態系の圧巻の残酷を照らしつつ密かに人類への警鐘を醸し出すと同時になにか胡散臭い啓蒙的なニューエイジっぽい雰囲気蒙古襲来で平和なモンドミュージックと幻想と神秘風のファンタジックな画面がやはりこれのどこがドキュメントですかという凝りに凝った編集ワークでぼくの心と体をひとしきり弄びます。本能の関節技に対抗して神話と儀式によってかろうじて理性的であると自負することにしがみつくけれど恐らくここがいちばん地球上で人間と特定する要素が曖昧なままに生きている境界線上の哺乳類が存在する場所だといえるのでしょう。つうかそこは実際どこなんですかって話ですけれども。そもそも実在するのですかという根本的な問いが発生しますけれども。そんなの絶滅するのは絶滅するほうがわるいんだということで迫真の非文明の剥き出しの殺意がいかがわしくて人間もけっこう一生懸命なんだ生きてるんだと思いましたこの調子でがんばってください僕もがんばります67点

『宇宙戦争』 (2005) スティーブン・スピルバーグ

War_of_the_Worlds_trailer.jpg

すごい根こそぎでこわかったです。もうすこしアバウトな侵略だといいのに!
まあなんちゅーかなんで人間が地球に生きてるかというとそれは地球に適正な生物にほかならないわけでやはりそれぞれそこに生まれ生きているにはそれなりの整合性があるというか逆を言えば他の星を侵略したところでそこがじぶんたちに適正かどうかというのは計り知れない事情であるわけでしてつまりそういうことです。それは星というか国として捉えても同様のことがいえるわけでありましてやはり皮膚にしてもその土地土地で色がちがうのにもそれは意味があるわけですのでもっと作戦を練り直してがんばって侵略しに来て欲しいとおもいます。一回失敗したからってめげちゃいけないと思います。失敗は成功のもとです!70点


Paging Navigation

Navigations, etc.