死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

父栗満棒

ぼく実をいうと先週から首の異常な痛みによってロボットな動きを余儀なくされていて朝に仰向けの状態から起き上がるときにふつうに起き上がれなくて一回ごろんって横に転がりながらうつぶせになって一度体勢を整えてから起き上がるという新システムを身につけてからこれで大丈夫!っておもったんだけど、
一瞬冷静になって考えてみてどうみてもこれは大丈夫ではないという結論に至りまして昨日整体に行って来たんですけど、ポキポキってされて実質施術時間的には10分にも満たないかんじで終わったのかもしんないけどいろいろ1時間くらいこねくりまわされたりしてたんですけどなんかテレビの水戸黄門の放送時間に夢中で先生の手が大きな割合で停止するのでありそして途中におそらくは今週予約してた客であろう人から電話きてた様子なんですけどなんか明日地震来るからそこ行くとあぶなくない?っていう趣旨の話らしくなんかすごいなって思いました
んで話をまとめると今日地震来るらしいのでもしかしたらlこれが最後の日記になるかもしれませんですけど昨日は帰省してたみっちーと山形の活断層について調べ地層調査いたしましたところ見事に寒河江を縦断してるであろうという結論に至りました
死ぬかも
やっぱ死ぬのかも
ということで唯一の心残りは部屋に散在するエログッズを処分できていないという事実であり、いやこの前妻にぼくの貯蔵するエロ漫画数冊を熟読されておりましたけれどという悲劇は起きておりますけれどそんな悲劇は世界の今起きてる悲劇に比べたら鼻クソみたいなものですしそれにもまして地震によって倒壊した家屋の瓦礫を掘れども掘れどもエログッズしか出てこないという切なさとその性癖を白日の下に晒されるという悲しみは筆舌に尽くしがたい性的興奮を呼び起こすものでもあり、
やっぱ救助隊などが救援する際のモチベーションもそらおまえ掘れども掘れどもエログッズってそら切ないと思うんですけどその逐一の救助隊の報告を受ける無事を祈る家族もそら出てきました遺品のエログッズがっていうそれはとても切ないし世界はなんて残酷なんだっていうね
絶対被災したとこでも男子中学生の部屋とかそらエロ本散乱してたりしてとてもそれは切ない光景が広がったりしたりするっていうのはあるyとおもうんですけども

200805181518000.jpg
スポンサーサイト




死亡のうきぐ

なんか五月病って結局どういうかんじだっけっていう疑問を抱いたまま6月にはいってしまって、
だから、5月はおよそ7年ぶりに外出できたり、(というのも太陽光線を浴びると小学2年生な気分になるという奇病の為に遮光性のある服装、たとえば全裸にカーテンを巻きつけた状態での全身フル武装をしないといけないだとかの好条件のもとでしか主治医の白昼の外出許可はおりないのであるからして)そんな外出行動が楽しかった気がしたり「なんか壮大なオフ会という名のなべじゅんさんを囲み取材する会とかの総勢2百数十名参加のファンの集いも実は行われていたりといtった感じで、当然、全員を整列させて一人残らずビンタしたわけですけれど、うち何人かには何故かビンタされ返されたりして普通にびっくりしたりといったそんなかんじで5月を振り返る今日このごろ、本格的に横浜進出物語もいよいよもって日記更新しないといけない気もするんですけどべつに他の人がすればいいんじゃ・・・ていうそんな純粋な気持ちを全員がもってることに由来する膠着状態を打破するためにもやはりここはぼくが書かなきゃっていう使命感とめんどくさい感がいま交差しており、
そして残念なお知らせなことに今現在めんどくさい感がはるかに勝ってしまっているが故にやっぱりまた今度!ねむいし

200806011524000.jpg


画像はドルチェのケーキおまかせ盛り合わせ600円と飲み物はたしかカフェ末期アート450円をオーダーしたはずが普通にアイスコーヒーですってやってきて、もしかして簡単に言えばアイスコーヒーのことなの?ってそんながんばってドリンクメニューから言い馴れない外来語を手話で変換したにもかかわらず苦労が報われなくてそんな社会

Paging Navigation

Navigations, etc.