死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』 (1964) ヤン・シュヴァンクマイエル

20060107175106.jpg
デビュー作。これは普通におもしろいよねでもおれ映画でいちばんやって無駄なことっって手品だとおもってたんですけどつまりそれは趣味のいい悪趣味と不思議感によっていくらでもみせられる
あたまのなかが機械仕掛けでミリミリ工作するとことひきちぎっちゃって粉砕するねじ式の金属質がどうしようもない中身なのが無限なひろさを眩暈できて殊更きもちよいのでやっとおれが引き込まれた瞬間でもある。ひとりで楽隊編成するのがボブログ3世みたいな68点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/10-39dd5b4f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.