死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『ギプス』 (2001) 塩田明彦

02gips.jpg

わからないのは殺人現場に直面した時は執拗に指紋を拭き取るほどに注意ぶかかったにもかかわらず自ら脅迫文を作成する時にはいささかもそ指紋という物的証拠の呪縛から解放されているのでありそんな犯行予告めいた確かなものを残すことについて思慮深さが一時的にでも欠けてしまうことは考えづらくそれはつまりまさに犯行を誇示する姿勢そのものであると言える。でもなんでそんなことであるのかははっきりいってもう忘れたのでめんどくさい75点

スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/133-660c941c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.