死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『ジャバウォッキー』 (1973) ヤン・シュヴァンクマイエル

jabber.jpg

これはこれはこれはああああああああ
きもちわるい!
そして
素敵!
ジャバウォッキーはルイス・キャロルの「鏡の国のアリス」でアリスが読む詩「ジャバウォックの歌」の中に出てくるドラゴンのこと。冒頭でこの詩が朗読されるのですが対訳が狂っていてすばらしいのですが
なかなか子供部屋の中がエキセントリクなうごきがそこかしこで立ち止っていてなんかしかも人形の中から小さな人形が生えてきてもぞもぞしはじめたりなのにそれよりも巨大な陶器の少女アマゾネス人形軍団がその小さな人形を丁寧に煮込んでお料理したりと食卓に並べる絶景の最中ちいさな人間の人形をおおきな人間の人形が無表情でもりもり食べる人肉天麩羅のかもす無邪気な残酷と猟奇性が不気味ではりきっていたよぼくもはりきりました日本ではharakiri,geisya,tempuraが有名ですほんとうです92点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/14-32bcc988

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.