死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

聴診器ヘルシンキ

なんか忙しくて休日もフル稼働で働いているのですが誰も誉めてくれないのでなんとかしてください。きょうは幼児で妻の実家にいくので三与松だんご買いに十時すぎくらいいったらもう人がおそろしい密度を誇っていてすさまじいカオスでしたけれどカオスといえばサマソニなんですけど第3段の発表の段階ではいまいち俺のやる気が激しく燃え広がらないお部屋でしたけれど第4弾の強力な磁場でもってぼくはあやうく赤ちゃん言葉でしか喋れない体になってしまうところだった!TOOLとデフトーンズとかってもうぼく後ろにスローモーションで華麗に卒倒しそうなストップモーションなかんじでよもや乳首を責め立ててくる刑罰的ラインナップのp葬列にひどく股間の盛り上がりを隠しきれない!もしやパッセンジャーの客演もありうる同時発表ですのでもう俺いくから。いややる気が微妙に停滞していた事実は否定しようのないお話ですがもはやおれが行かない理由をみつけるほうが困難な作業といえるこの実態なのですけどもしかしたら一人かもしれないというそれだけが迷える子羊的な境遇なのでレイプされるかもしれない
ということでイチローをして国辱だといわしめた野球の韓国戦ですが勝ってよかったとおもいます。大体にしてアメりカがあれほどの球界的政治の後ろ盾をしてまでも準決勝に進出できなかったということの顛末が今後のためにも非常によかったことだとおもいますけれど今回の一連のWBCにまつわるアメリカを巡る事柄はあらゆる意味で今日のアメリカ的国家の傲慢さの縮図として人々の記憶に残るでしょうがそのような傲慢が、やはり正義をも駆逐してしまう事態は避けねばならなかったわけですのでまあそれは日本が勝ってうれしいとかの話でなくてアメリカがいけなくてよかったねという話なのでしただってトーナメント進出で同組の韓国との組み合わせとかってじっさい意味わかんねーし

01.jpg

スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/190-12e60b23

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.