死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

FENNESZ 『Endless Summer』 

ウィーン出身のクリスチャン・フェネズが2001年に叩き出したラップトップの革命とまで言われたほどの名盤。
細かい粒子のグリッチノイズで基本生成されるサマーなエンド感の組織が夕暮れ時を鮮血で染め上げていきます嗚呼僕の体をもみくちゃにしちゃえばいいじゃない
夏とはなにかを失って初めておパンツの中身を達観するのかもしれないけれども逆にいえば何も失わないままであったならそれは夏休みは終わらない宿題の地獄的と謂わざるを得まい
そんな半ズボンから突き出した睾丸を丸ごと受容できるほどまでに立派に生育していてわんぱくだったあの頃夏の日、君といた夏を思い出す!髪を掻き上げる仕草で蛇口に口が近づく横顔!目を瞑る!目を、瞑る!艶めかしい水滴を拭い取る手の甲にウルティマ亞煩きっとそれはおれに見られていることに気づいているのだろふなんて計算し尽された謀略が張り巡らされている彼女の怪奇な複雑迷宮譚!唇にいちど触れた水道水がかくじつにその蛇口に逆流とまではいかないまでもプレイバックしてるのを俺は見ている、嗚呼次の順番は俺でなくてはならない!俺がその逆流直後の幾分彼女の一部膵液の配合された水道水を口に含んで間接的な接触を試みなければいけないだろう嗚呼ああそんな切ない口腔の交換の鮮烈をぼくらは目撃することになりますきみの速い風景のなかの自転車の車輪に頭を突っ込んで首がものすごい縦回転したならば鋭利に恋の車輪でぼくを轢き殺してくれと自動車は二本線のタイヤ痕だが自転車は一本線なのでどうせなら真ん中から引きちぎってほしいのですぼくのこころが一つなように!
Endless Summer Endless Summer
Fennesz (2001/07/03)
Mego Austria
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/217-f88a6cbe

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.