死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『ユナイテッド93』 (2006) ポール・グリーングラス

united93.jpg

すごかった
こんなにすごいのも久しぶりだった
なにがすごいってもうすごい眠くて何度となくダウンを奪われたけど最後のほうはすgぴいつのまにか乗客も必死にがんばっていたのでがんばれーがんばれーって言いながら(俺自身も!)見たけどまあ世の中の絶賛がわからんでもないけどそんなに凄さが伝わってこないから不思議だ。
厳かな呪文めいた経典を唱えるオープニングに包まれながらの静かな決意表明の顔と表情はまるですばらしい予感に包まれた決死者たちの日常に尿道が摩擦したしこれはすさまじいテロリーな話だと思いきやあまりのその日常が日常ですので意外と興味が続かなかったというかもうその後はすごいねむくてもう実際問題しどろもどろだ!というかユナイテッド93っててっきり僕あのワールドトレードセンターに突っ込んだ当該機だとおもっていたからいきなしお先に突っ込んだ映像出てきてるしおいおい早速ですか!っておもってもう実は3機もあすこにつっこんでいたとかいう新発見をご披露はじめるのだとしたら、なんてすごいトゥルークライム!って一瞬おもったけど、ああ、あの途中で挫折した飛行機そういえばあったねっていう、そんな感想!というかなんか結局のところ俺あの飛行機は打ち落とされたとおもうんだよね米軍に!っていうあたりまえのように思いつくそんな陰謀説を打ち消すためにあたかも用意されたかのような最後のコメントがなおいっそう不信の限りですけれどそれら一切の作られた悲劇であるか否かの理由によって左右される部分の評価と総体の映画の評価とは必ずしも結びつくものではないのでぼくは映画に含有する真実の累計を問題視しないんですけど逆にあれは撃ち落とされているんですけどねえみたいな内容だったほうがテロリストはかわいそうだったよね40点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/270-8d701a8b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.