死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『ある殺し屋』 (1967) 森一生

FI1351678_0E.jpg

のっぴきならない!これはのっぴきならないよ。一文にもならない殺しはやったことがないというほどに拝金第一主義の殺し屋さまはわりと無欲のようでいてその実おかねに異常なほどの反応をみせるよ!過去になにがあったのか彼と消費者金融の関係の歴史を紐解いてみたくなるほどの尋常では考えられない執着心!けっこう第一番目の殺しの時には悪を滅するという社会的な正義というか道義的な制裁責任の名の下に渋々と殺しというハードボイルドを請け負った悲しみスナイパーかと思いきや二億の依頼金の殺しのときには一切の躊躇する瞬間さえなく即答する俄然ヤル気!
カネか?所詮カネなのか?
と、ぼくら少年少女たちに夢を与える職業7年連続首位独走のかっこいい殺し屋さま像としてのスター性を見事に否定し粉砕していきます。いまにしておもえば一度依頼をお断りするのもそれはあきらかに報酬額を吊り上げるためのビジネス上の常套的な駆け引きにすぎないのであったのだとこっぴどく思い知らされるほどの淫乱だ。つまりはこの伝説的な殺し屋様には些かもその仕事として捉えられる殺しという一連の作法のなかにおいてはまるで慈悲であるとか情けであるとかおよそ人間的なもの、その殺しに関する動作環境に影を落とすであろう要因が完全に排他されているのでありそれどころかその殺しという究極的な代行業は殺し屋様にとっては当たり前のように仕事としての認識しかないのであり仕事以上の認識でさえもない、時にはその事務的でさえあるその猥褻な動きは流れ作業的ベルトコンベアー式工場長の風格さえ漂うであるだろうそしてそれがかつてないほど労働そのものである以上躊躇も迷いも至極当然であるかのようにそこには見当たらないのである。殺し屋を稼業とする男、それは当然のようにビジネスを成立させるうえではあたりまえの、人が出来ないからこそその殺しを人から請け負うのであり、人が出来ないことを仕事として引き受け完璧に遂行する、そこに感情が立ち入る隙間などない。いやあってはならないのだ。殺しを達成することに一喜一憂することは殺し屋さまにとっては不必要な猥褻な感情なのであり喜びも悲しみも怒りもすべては無表情の鉄仮面そのものに収斂されるというおそるべきそれはそれは淫乱な殺し屋様なのだ103点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/29-561af94c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.