死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

薔薇門とわたしのアルメギダ

なんかぼくきのう家に帰国してからというもの永遠とも思われるようなほど眠くて身悶える(暑くて)毎日をお過ごしで基本的には微動だにしないかんじで最小限度の動きでご静養中をしている貴族なわけなんですけどこれってもしかして明日から社会復帰できないかもしんないのでとりあえず応援して欲しいけど
ええ行ってきたね
目をつぶれば思い出すよ
まるで2日前のことのように思い出すよ
いや実際に2日前のことだからけっこう断片的にしか思い出せていないということを暗に物語ってしまっているよ
でもほんとに目をつぶれば思い出すから聞いてくれ
まずは楽しかったこと第一位の夏のサマs-ソニックメモリアルはといえば、だ!
熱狂の渦のさなか不可抗力で密着取材をしてしまったがゆえに前のギャルのほどよいシャンプーの香りがぼくの鼻腔を刺激してやまなかった件について!
それはそれはもうほんとにいい匂いが立ちこめていた
ぼくは基本的に鼻炎がちの人であるにもかかわらずそれを差し引いても鼻を劈くようなまるで心を射抜くに充分な威力のとても芳しきいい匂い、いやここは匂いというよりも「にほゐ」と現したほうが適切なかんじのルネッサンス!すこし汗のスメルの入り混じった恥じらいと本能との光の屈折率がまた絶妙のブレンド感とドライブ感を総合演出していたといっていい
で、第二位!
なにかランキングがまちがってるような気がしなくも無いが一向にかまわない!第二位!
暗闇のなか照り付けるライトに照射され浮かび上がる陰と陽のせめぎあいをかもちだしながらもそれを解析するとたぶん遠慮がちな日本人の心をいくらかも併せ持たないことによって時に軋轢を生じることすら予断を許さないかんじなのにことフェスにおいてはそのフリーダムな思想ゆえに広範囲に渡って前後左右に縦横無尽に語り掛ける喜びをその身体において表現してしまった感のあるみたいな感じにバシバシそよぎたつ金髪外人のド迫力のおっぱいの戯れ!あれはない
あの無鉄砲なおっぱいの横方向への揺らぎは滅多にお目にかかれる代物ではなかったししかし残念なのはそれほどグッドルッキングでないということで得てして顔面偏差値が低いということが第二位に甘んじてしまった結果と言えなくもない
あとは、
あとはえーとえーと、ギャツビーのブースで素敵な笑顔をふりまくギャツビーギャルに軽く恋をしたことくらいしか思い出せない
ということで思い出した順にぼくのロンリネスなサ間s-ソニック体験記を綴りたいと思いますけど基本的にひとりで参加という孤独な戦いを強いられたことによる精神的なダメージというかけっこう頻繁に被害妄想が発生しているかもしれないけど気にしないでほしい
ということでとりあえずおれ深夜バスで行ったんだったね。もう東京着いたの朝の6時とかなんですけどもうそんな開場9時なのにそれまでなにしてんのtってかんじだったんですけどいい加減荷物が無駄に大量だったしはやくロッカー確保したかったしっていうので眠かったけど会場に向かったという普通の出来事を書く理由がわからない
というわけで海浜幕張駅着いたの朝の7時前なんですけどおれもしかしたら一番乗りかもしれないししかも一人だしものすごい一人なのにはりきってるねって会場の入り口にいるスタッフに笑われたらどうしようっていうかそんなちょっとそこまできたから覗きに来ました的な軽い装いに早くしたいって思ったからそしたらなんかそこかしこに難民みたいな人が横たわっていたり無造作に転がっていたりしたのでなんかかわいそうな原爆みたいな景色だったので来年は絶対おれノーブルな生活のホテル通いのフェスティバルにしたいよねっておもったとかおもわなかったとか
ということで二日目からの参加でしたのですけど前日がものすごい雷雨が飛び交ってマリンスタジアムはものすごい不良なかんじだったらしいので優等生のぼくとしてはそんな過酷な環境での観賞は耐えられないもやしっ子だしそんな事情がわかっていたらお母さんはきっとぼくの旅立ちをドクターストップしてたかもしれない・・・・!
だから今日も雨降ったらたぶんものすごく帰りたくなるんじゃないのかって不安が渦巻くようなそんな前兆をその難民キャンプ模様に予見していたのかもしれない
つうかなんかあれだった。そんな早朝にもかかわらず人が大量に動き出していた事にびびったというかおいおい全然おれ一番乗りとかじゃないじゃないっておもってとりあえず駅のロッカーに巨大なリュックいれてメッセのほうの会場に乗り込んだよね!そしたらもうなんか外でオフィシャルグッズ売り場とか既に行列できてるじゃんってなって別に2日目だし無いと思ってたのに普通に補充分売ってるみたいだし如何せんひとりだし会話とか今の段階で一言もナッシングだしもういっそのことこのまま失語症に突入の章かおい?っておもったけどこの行列に加わったところで無言を貫き通すじつに男らしい覚悟だけどとりあえず隣の女子二人組みの会話にものすごく心の中で参加していた!で一時間くらい並んで発した言語はといえばたぶん商品の番号を売り場のお姉さんに伝達しただけです!
ということでオフィT3枚も買ったしこれで9500円とか使い果たしたしもうおれの目的は半分は達成したようなもんだし喋れたし(売り場のお姉さんと!)もう、いっかってなっておれはがんばったよって自分で自分を励まし始めたしお腹すいたしメッセ内の隣の会場でやってる恐竜大博覧展に行ってもこの際よしとするとか思い込み始めるしそういえば昨日からおれ一滴も水分補給してないってことにけっこう並んでる時から気づいてたしとりあえずマリンスタジアムの会場も見学してみっかってなってこれが間違いの始まりだったといえなくもない
行ったらけっこう遠いしやる気そぐのに充分に暑いんだけど
カッパなんて結局今日いらなくね?ってなって、んで一応やっぱグッズとか買ったし小さいバッグもロッカーに入れて身軽にしたいしってなって最終的にはメッセ方面でおれは活動する予定だったのでメッセのロッカー確保の為にまたメッセに戻ったのが確実に今だからいえることは間違いだったという
だってなんか開場したらまたアーティストグッズの売り場の行列に遭遇してこれはいかん!っておもってtoolとマッシ部アタックのTシャツ欲しいって並んだはいいけど意外とtoolの微妙だしマッシ部なんて別に珍しくも無いブルーラインズの買ってしまったしDJシャドウのなんて誰こんなの買うのっていうほどのデザインで困ったかんじに陥ったけどとりあえずおれの最初の予定はマリンで10YEASみたかったのになんかメッセで並んだらもうこれからマリンなんてあんあ長距離行きたくないって駄々をこねてとりあえずタコライス食ったらこれがまた量が軽食にもほどがあってどれだけおれは少食だよって言いたかったけどおっと俺は今ひとり!っておもって独り言は回避!あぶない!
っておもってしょうがないから手始めはムーム前のWHIRWIND HEATでも見るかってなって行く途中なぜか会場で床屋とかあったんだけどっていうかけっこう髪切ってる人いるしなんなの!ってなったけどいかんこれは見ちゃいけない大人のスポットだ!って自分に言い聞かせながら目を覆いつつマウンテンステージへ。これ開演まで10分くらいあったけど最前線にいけて思い起こせばこの時全然余裕で10YEARSにたどり着けてたじゃん。でもそのたどり着いたあとのムームに戻る帰路の過酷さが一瞬脳裏をよぎってしまったがゆえにぼくはその重い腰をあげることはその後なかった!
ということではじまりましたよWHIRLWIND HEAT!なんかボーカルがチャンピオンベルトみたいなのしていてすごいカクカク激しく盛り上がる動きをしていて振り乱していたので見ていてこれはひどいなって普通に思った。で一曲目おわったらこれはもうどうしようもない気配なので近いしソニックステージのLIVING THINGSに移動してみて演奏始まった瞬間に、あ、これ俺嫌い!って思ってやっぱ10YEARSおれ行くべきだったよね?ってなってでももう移動してたら次のmumが結局のところおれ楽しみにしてたじゃんってなってすこし見てからまたWHIRWIND HEATに戻ってみたらなんかチャンピオンベルトみたいなのが最初は前のほうにあったのが後ろ向きに移動していて俺がいないその間になにがあったの!謎!ということで実は思い出それくらい。
でやっとぼくの見たいの本格的にはじまるよっていうことでmumのDJセットの二人組がなんかすごいはりきってマントひるがえして登場!なんか被ってるし。
で、失笑を誘ったまでは掴みはよかったのだが如何せん始まってみるとその大きく期待を裏切るかんじのおもしろい進行に固まる人多数!笛とかすごい下手でびびったよね。いやそのノスタルジックに感傷に浸る夏休みジャーニーを期待されてるサウンドからわざとかけはなれた壊れたポップネスを放っていてさすがにお昼に聞くサウンドとしての立ち位置を見事に理解していた勇気あるステージだとおれはおもったよ
あの緩い意味不明なダンサーズとかけっこうこれもひどさに拍車かけていて見事なアクトだったよということで終了後いそいでTWO GALLANTSに行ったらなんか最高にかっこよかったんだけどおれmumとかぶってなかったら絶対こっちみたよっていうことでものすごいドラムでおれ軽く失禁しそうになったのは秘密だ!ということでけっこうこの時間帯ってCOPELANDあったりっていう激戦区だったんだけど敢えてmumを選択したおれの勇気を讃えて欲しいよね!っていうそんあこんなでこっから僕はすごい若者ぶることになります
マリンに移動してALL AMERICAN REJECTSとFALL OUT BOYとLOSTPROPHETSをアリーナで立て続けてみるというべつにこんな不良な若者像に憧れたおぼえはないんだけどっていうかこの時間帯のこの流れでしかマリンにいかないとあと金輪際マリンステージに用事がないかんじだったので不良の輪の中に行ってみたというそんんあ計画のもとに実行されたわけですけどもうなんかロスとプロフェっつとかとてもお顔が端正なかんじで美形テイストなかんじなのでもしもおれが女の子だったらそれは体を求められてもしょうがないかもしれないとか思うほどだったという話で天気がよくてよかったと思いますというか外人がまるで何をしゃべってるのかということに頭を悩ます俺でしたのに意外とオールマエリカンリジェクツとか楽しかったしそれにくらべてフォールアウトボーイなんて全然たいした実力じゃないじゃないって思ったりしながらも次の目的地のアークティックモンキーズに向けてソワソワしてきた俺!でもなんかロスとプロフェっツがあの曲始まったりするし移動するタイミングが難しいよねって思いながらいい加減おれARCTIC MONKEYSたのしみでしたのでメッセに移動する始末。もうこっからはメッセ内で激しく移動の巻だからマリンステージの事情なんておれ今後しらないよっていうことでアークティックモンキーズの会場行ったらおい規制かかってんだけど!なんて人気者だ!ってなってすごい途方にくれて抗議の意味でそこにフテ寝してやろうかとも思いましたがとりあえず豚トロ丼食ってものすごいウマ!ってなってよーしってやる気を取り戻すことに成功しましてしょうがないからAFIに行ったよね
つうかこっからのタイムテーブルがすごい悩ましげでちんぽこ大王なんですけどtoolは絶対見たいしかといってdjシャドウも確実に見たいしその流れでマッシブも見たいところですけど如何せんTOOOLのほうが始まる時間帯はやいしやっぱシャドウの途中でTOOLに移動すべきだしって脳内予行練習がお盛んになってきたところですけど意外とAFI開始時間押してるしもしかしてこれシャドウわりとがんばって40分くらい聞けるんじゃないっておもってだってTOOLのまえの爆竹はさすがにひといないし規制かかんないよねっていう大方の予想のもとにとりあえずAFIね!なんかすごい凶暴な空間と化して勢いあまってモッシュしたはいいが少年が前列陣取ってた謎の中国人みたいなグループのなかのおばさんのメガネに足がヒットしてすごい形相で睨みつけられていたというエピソードにおれ視線釘付け!だってモッシュしてたのを全然支える気ゼロ!すごい避けてみごとに頭から落下してて少しかわいそうだったんだけどなんかわりと中国人みたいなミッキーマウスTシャツ着てるみたいなディズニーランドの帰りにちょっと寄ってみましたみたいな謎の家族グループとかいたけどあれなんなの
つうかけっこうロックンロールと懸け離れたかんじのビジュアルが突出したムーブメントをかもしだしたかんじのまるでコミケと間違えてメッセに迷い込んだ迷宮男子とかいたけどあれも意味がわからない
ということでAFIは体がモリモリしていて前に突っ込んでって楽しかったけどギターの髪型がかっこよすぎてボーカルのモリモリよりもかっこいいという逆転現象がまきおこっていてわりとボーカルに抜擢されるにあたってのビジュアル順位がまちがってるバンドってわりに最近おおいよねっていうそんなかんじでキメキメのガチッガチっていうのがかkっこいくてオイオイ!ってすごい盛り上がった気がするけどぼくも人の子なのでシャドウのまえのほう確保するために途中でマウンテンに移動したという。ほんとはネリーFURTADOも見たかったけどもう潜入してないとね?っていうアークティックモンキーズの失敗の歴史を繰り返すわけに行かないしでこっれがまたフォートマイナーだったんですけどおれ基本的にヒップホップ育ちだったので楽しかったというかリンキンのチェスターが予想通りにゲスト参加したりでけっこうズドンズドンってかんじで会場が合唱して一体になって意外とよかったとおもいます。で僕おまちかねの登場がDJのSHADOWがかっこよすぎるってことでここで一気におれの感想文のテンチョンも架橋に突入かというところでいよいよもってめんどくさくなってきた最高にめんどくさくなってきたあーめんどくさくなってきた!
ということでマイネームイズディージェーシャドウっていう自己紹介に今日はじめておれ英語を完璧にヒアリングできたのこれだけだっていう悲しい現実!っていうなんかもう最初っから飛ばしていてかっこいくてズドドンズドドんって余裕で圧倒していたけどもうおれ次のトゥールが気がかりでもうシャドウの会場抜け出すのこれほど心痛めていたっていうの誰か伝えてくださいマジで
すごい映像もバチバチしてて機械の歯車的なテーマ性が如実に物語るようなかっこよくてもうあれだったんですけどでもけっこうあの後アッパーチューンとか炸裂して意外とダークネス空間が巻き起こんなくて不評だったらしいのでおれはシャドウについては良き思い出のままTOOLにいって正解だったという。んでTOOLね。これおれもうたいしたことなかったらMASSIVE ATTACKに駆けつける気だったけどもうそれでも新機軸をいまだみせつけることのないマッシ部よりも新作だしておそろしい存在のTOOLを今のタイミングでみなかったら俺頭おかしくなるとおもってトゥールみたけどもうドラムセットとか巨大な要塞みたいでそれでてきただけではっきしいって会場騒然としたよねおそろしいにもほどがあってもう気持ちわるいし出たっておもったらもうメイナードキーナンとかモヒカンに上半身裸でタクシードライバーのトラビスみたいなかっこしてあいかわらずフロントマンなのにうしろにひきこもってしまっているしいきなしもう爆発してた強靭な肉体の外人とかゴッツゴツにサークルモッシュ導き出していてすげえ凶悪なムードをかもしだしてしまっているしもうなんかしんないけど発狂していたよね前のほうとかおれ最初3列目とかにいたのにいつのまにか後ろに流されてたもんおそろしいでもけっこうライブだとわりと人間的だったっていうか観る前はもっと怪奇現象みたいな存在で浮遊してるかとおもいきやわりと肉感的なパワープレイでゴリゴリしていてすごい現実に肉薄していて最高のサウンドだった。というかんじでもう途中でマッシブとかいってらんねえってなって最後までTOOL見て終わったらダッシュでマッシブいったら満員だったけど普通にはいれてこれまた最高潮なライブセットになっていて生身のギターに命掛けてる感のドライブが疾走していてもう最高に素敵な夜をかんじてしまってぼくはわーいってなったっていうそんなかんじでしたっていうもういい
060813_234504_M.jpg

スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/319-14599450

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.