死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『ザ・ウォード 監禁病棟』 ジョン・カーペンター 

ザ・ウォード 監禁病棟 [DVD]ザ・ウォード 監禁病棟 [DVD]
(2012/03/02)
アンバー・ハード、メイミー・ガマー 他

商品詳細を見る


カーペンターの10年ぶりの作品というか10年前とか30年前の映画だったとしても遜色ないくらいに色褪せない青春の1頁のように見事に時間が止まっていてすごいあいかわらず
んで60年代設定ならではのパワフルだったしむしろ60年代でないと通用しないような2秒で脱出できるような緩い監視体制の病棟からの健気に繰り返される脱出と拘束と監禁の無限さはさすがに時代がとまっていていいよ僕は
その肉体的な表現に気づくのに時間かかるんだけど
これ基本的に現代っ子には通用しない古代文明のシステムで成り立っている映画なのでやはり60年代の無謀さは科学と実証でもたらされる窮屈な制約から遠く離れた場所を約束する自由で輝かしい時代であるのだともいえるし科学的実証の制約がない世界では誰もが常識という名の物理法則を前提としない豊かな空想に身を委ねられるのだろうが実際には心的外傷という精神履歴を肉体的に表現することで暴力の肉感さが際立っていたのでした66点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/451-e3671bf2

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.