死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『アンナと過ごした4日間』 イエジー・スコリモフスキ

アンナと過ごした4日間 [DVD]アンナと過ごした4日間 [DVD]
(2010/05/29)
アルトゥル・ステランコ、キンガ・プレイス 他

商品詳細を見る

なんてまばゆい行動
こんなまばゆいのはっきりいって異常で素敵だけどこれアンナが可憐で抱きしめてしまったらこわれてしまいそうなほどの華奢な儚さを伴った美しさを兼ね備えていたらクソ最高すぎるのだけれどこれはもはやその男の執念がその被写体の美しさとかいう外形にまったく由来していないことの逆説としての立派な体躯とけっして品行方正ではない女であることが強調されることが物語構成の設定として重要な要素でもあるのでそこは大人の事情として理解するしかない
はからずも冒頭の彼を猟奇殺人犯とおもわせる演出によるミスリードによって陥るぼくらの誤解そのものがのちのちの彼の冤罪にも通底しているところなど人を見た目で判断してはいけないと自省を促す作用もあるけれど見た目重要でしょ普通に
でもあの豊満ボディという見た目も実はどストライクなのかもしれないけれど通常の理解としては容姿への特殊嗜好と掛け離れた原動力でもって目に余るほどのまばゆい行動が散りばめられていてその眩さゆえに失明しそうなほどのひたむきさに目が離せないよ僕は
そしてやはり彼女への献身的な行動原理となるのは同様の体位で強姦されたことの共通体験をもって彼女への共鳴が秘密の痛みの共犯になってしまったことがその執念を加速させているのであって体位のみならず出血が物語るのはアンナもアナルという大事を喪失してたのかもしれないしだとすれば尚更やはり人類穴兄弟っていうしいや人類みな兄弟っていうし人間誰しもが共通項を異性の中に発見することでそれを人は運命と呼び恋をするのであるしそれは生活圏内に在る唯一の異性であった愛する祖母を亡くしてしまってからの彼の瞳孔の射程内に収まる異性としてアンナがいる以上それは愛をもって見守るだけでは守れないことの意味を強姦の目撃者という立ち位置からの理解に基づけばある種の求愛行動に移さなければいけないことは自明であり彼の愛するとは生活を共にすることにあるのであってだとすれば生活の中に潜り込む必要があったし盲点は窓の外が意外と滑ることだったしっていう
404点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/456-1bb18595

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

指輪がー! 

イエジー大好きだけど、賞とかとってないし?人に勧めるのはどうかと自信なかったのですが
これから誰かにススめてみまーす

エッセンシャルキリングはギャロが殆ど喋らない映画でしたけど80分くらいだからサクッと見れます

  • 2013年03月17日 21:10
  • ギャリソン #-
  • URL
  • [ 編集 ]
 

ギャりそん>スコリモフスキ名前がいいにくいからとてもかっこいいよ人にオススメするときスコモリフスキ!スコモリフスキって言えるだけでなんかかっこいい人っぽいし
エッセンシャルキリングはそんなに異常性ないからそんなでもなかったけどテレンスマリックっぽかったよなんとなく凡庸な言い方をすれば詩的な映像美ってやつでしょうか

  • 2013年03月18日 02:04
  • つめたい #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.