死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『監督・ばんざい!』 北野 武

監督・ばんざい! <同時収録>素晴らしき休日 [DVD]監督・ばんざい! <同時収録>素晴らしき休日 [DVD]
(2007/11/11)
ビートたけし、江守徹 他

商品詳細を見る




北野武を解体し北野武の断片を集積していくことで監督であり主人公でもある北野武そのものを描こうとした前作の『TAKESHIS’』と基本は同じで「(ビート)たけし」を解体し「(ビート)たけし」の残骸を回収していくことで婉曲的に「(ビート)たけし」という芸人が演じる北野武という映画監督役の北野武という役者を撮る実際の映画監督の北野武自身と出自を浮かび上がらせていく手法を結局なんかさらにわかりやすくしたかんじ
んで映画制作自体を主題としているのも前作と同様なわけであるからして当然のように主人公はこの「監督・ばんざい!」を撮る北野武監督そのものであるという構図もやはり前作と同じでより理解は容易いうえに画面上に現れる様々な「(ビート)たけし」という役者が演じる北野武という映画監督が自ら「たけし(武)」という役者を演じているに過ぎないのも前作を踏襲しているといえるが映画監督である北野武が北野組の衣装を着て張りぼての人形を抱えたり、時に人形が武の身代わりになるなどの自身を俯瞰するための仮初めの姿への変異の場面は前作の涙目のピエロが象徴するものよりもさらに自己を文字通り偶像化させることでビートたけしの解体化を加速させているようではある
これはもう三部作の最後の繋ぎの為のグレートリセットというかもはや北野武としてのキャリアのグレートリセットに近いものがあってのちに北野バイオグラフィを俯瞰した時にも重要な作品として位置づけられるといっていいけどそれにしてもこの勇気
リセットするためとはいえこんなつまんないのよく作ったねって話32点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/463-47437478

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.