死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『ヴェラ・ドレイク』 (2004) マイク・リー

FI1984540_0E.jpg

ああそうですかっていうお話でしたけどなんかもしかしたらものすごい傑作だったような気がしてきた年頃なんです
なんかあのひきこもりくすな娘とおなじく鉄化メンの婚約のお話がとても感動的でぎんぎんにぼっきしてしまったぼくは相当に繊細な心をもてあそんだ年頃でしたしもうなんか今にして思えばこれはすごかった気がしてきて今はすごかったということにしてもいいですかと改めて提案をしていきたい年頃でもあるわけなんです
でも実際はぼく相当ねむかったのでそういうあとからの高評価はなかったことにしたいというそんな優柔不断なお兄系な男前に憧れを抱く年頃でもあるわけなんです
でも実際堕胎手術がいいとかわるいとかいわれてもぼくら日本人にはあまりに空想なお話に聞こえるようなそんな反抗期な改造バイクな年頃ですのでそんなこといわれてもああそうですかみたいな、というかキリスト教圏内での中絶に対するバッシングな宗教観からすればこれは重要な議題となりえるのでしょうがぼくら読者モデルなお年頃にしたらばああそうなんだふーんどうでもよくね?みたいな、とても渋谷系な答えしか返ってこないのでいくらぼくがぼく自身の真剣な眼差しな心に問いかけてみても、やっぱ、どうでもよくね?みたいなほぼゼロ回答に等しい文章しか返ってこないみたいな政治に無関心なお年頃でもあるわけですししかしあの家族はダサかっこいいな!みたいなおしゃれに敏感なキメキメな年頃でもあるわけなんです
そういう登場人物のビジュアルでの説得力といったら気まずい位にかっこよかったし今日がぼくの最高のクリスマスだなんてあまりに悲しくてそしてそれはきっと本当のことだから実にすばらしい登場シーンだ、とかそういう気まずいところが大好きなお話をしていきたい、そんな学生服がまぶしい股下80cm未満のお年頃なんです65点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/6-30984e2a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.