死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『トラベラー』 (1974) アッバス・キアロスタミ

FI945755_0E.jpg
すごい仕打ちだよね子供ながらに再起不能な仕打ちだよね。俺なら完璧やる気なくすね。不良なるね。というかけっこう自分を追いつめてるよね。すごい自分を追い込んでるよね。もっと安全な生き方したいよね。でも子供ってほんと理解不能などうしようもない行動しでかすよね。これほど暴走と悪徳の果ての情熱の行動の結果が全然報われないというのもそれもまた人生というけど非道ですよね。だからこそ報われないともいえる行動なわけだけど大体この国の大人も非道だけどそもそも子供の時点で既にその非道は完成されているので上野で偽造テレカを売ってます的な極道になります。というかテレカ自体の存在意義を問われかねない文明の世の中なので今もそんなイラン人がいるのはわかんないけどとりあえずイラン人は東京に極道トラベラーするというのが僕のイラン人像です未だに。なのでともかくこの子供の行く末が心配で眠れない夜を数えています。だって帰ってからの逆襲がこわいのですけどかといって所持金がもののみごとに大人に搾取されて使い果たしているのでもう帰れないかもですな。というかこの子に不幸が舞い降りる連鎖反応にはある種ほとばしる才能さえ感じられるくらい2秒おきに不幸チャンス到来です。直前で売り切れっておもむろに不幸。しかも大事なところで居眠りって笑えないYO。しかもイラン人顔全員おなじ62点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/64-7721ad08

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.