死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『ドッグヴィル』 (2003) ラース・フォン・トリアー

FI838695_0E.jpg

やられたらやりかえせってことですな。むしろ2億倍くらいに徹底的にやり返すべきっていう崇高なメッセージがここまで明確だとすごい気持ちいいよね。これむしろやり返さなくて博愛の精神で人類皆平等犯罪者級の愚行にも寛容で心やさしく聖母的な態度で受け入れるべきであるなんて偽善の世界は滅びればいいってことです。だいたい自由がなんで成立するかというと自分を脅かす危機の可能性を打ち消し合うという原則をお互いが保障し合うことに拠っているわけで自分の自由を守るには他人の自由を守るという共生条件を侵害しない(他者の人権を侵害しない)という条件があるわけです。だから他の共同体間の共生条件を侵さないかぎり何をしでかしても共生条件の範囲内では許容されるべきであるというのが自由。つまり秩序への信頼が自由の前提であり自由な振る舞いが信頼される秩序を生み出しているわけでその原則を理解しない、理解できない、理解しようともしない共生条件を無視して他者に危害を加えて人が安全でいることの自由を脅かしたりする、世界にとって有害な存在はそれ以外の絶対多数の自由と秩序を保障する為にも排除することこそが正しい。あほは死ぬべき。そしてあほは殺されるべきであるし徹底的にみんなで殺すべき。それがみんな楽しく自由にいられる正しい世界です。人類社会は伝統的に「仲間を殺してはいけない」し、そして「仲間のためには人を殺せ」という血讐と同害報復のふたつの規範で維持されているわけでむしろ復讐は国民の義務ですな。だからやられたらやりかえせと思うのが人として当然。誰もがラストに愚行を受け入れるな許すなやりかえせと応援したはず。それが正しい。そう思わないなんて間違ってるぜ。金と権力これ最強。そんな自由の国っていいよね素敵だよね402点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/66-64c7f41f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.