死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『ドレミファ娘の血は騒ぐ』 (1985) 黒沢 清

FI421446_0E.jpg

意味不明。いきなり唐突に歌い出すし自由すぎて難易度たかいよやばいよ間違いないよ。いや間違いだよこれ絶対。ほんとぼき理解にくるしむんだけどいつから機関銃と少女との共生みたいな壮大な戦争はじまったの。いつのまにやら。でもあの存在論的ゴスロリ少女の極北のようなあの子の絶好調の恥じらいの表情がいわゆるひとつの外的な変化を促す勢いのつまり恥じらうことによって自分の恥じらいの概念を主張するという殊更に周囲に自らの秘孔を知らしめるという逆に辱めの行為の極致にほかならないという説を自ら実践してしまっているわけなんだ。ともかく恥ずかしいからと拒否の姿勢こそがむしろ殊更にそんなつもりで言ったのではないにもかかわらずそれを恥ずかしいことに違いないという判断こそが誇大妄想ひとり先走りしてるからであってむしろそれは恥じらう側のほうこそがおかしいという男に圧倒的な有利に責任転嫁が合法的になされるという素晴らしい発見。つまりなんでもセクハラに結び付ける言葉問題と同様な論法であってなんでもない無意識の言葉をひとり性的な言葉に解釈する思考のほうこそが性的な妄想に取り付かれてる恥ずかしい行為だといえますという。この新種の恥の概念が世界に浸透すればもしやそんな言葉でひとり妄想して赤面してる場合じゃなくみんな輪になって全裸で生活しよう的な運動さえも受容される好ましい社会が待ち受けてるのやもしれぬから。今そんな全裸にはなれませんと思った君のほうこそその発想いやらしくはないかと。恥ずかしいと思った君の思考回路の方こそが不純な妄想ではないかと。ぼくはいやらしい目線で全裸肯定派と言ってるのではないからとかそんな不当に男らしい発言力が可能となりますから。そんなわけで科学的な大義による辱め実験による紅潮と伸縮作用が好ましい光線を作り出すから世界は救済されるやもしれぬしはっきしいってあの娘っこは史上最強のゴスロリ感が具現化されてるといっても過言ではないけどでもこれ基本的に本来にっかつロマンポルノですからね当初はそもそもが『女子大生・恥ずかしゼミナール』ですからねそらロマンかがやくよ63点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/69-7962902b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.