死球マントラ

全員しぬまで人形かぞえる

logs

『新ゾンビ』 (1997) オラフ・イッテンバッハ

premutos.jpg

なんて限りなく透明に近いちんぽこなんでしょうかねえ。そんな透明で何気にすばやく移動されたら只でさえ見えないのが更に見えなくなるということに関しては頂点を極めてしまいかねないわけでそんな透明な時間が空間を支配してしまったら何が起こるって、君それは不気味な音がひたすら鳴り響くだけの状態でしょうに。
もしその姿かたちを音だけの闇の国から沈黙だけを抹殺し現実に呼び戻す手段があるとしたらそれはこれでもかと強烈な血しぶきでその見えない正体の輪郭を形作りそして内臓と血痕でその移動する透明さを不透明に塗り替えるしか歴史の繰り返してきた非行はきっと未来永劫実感の伴わない教科書のなかの記憶のなかでのみ血塗られたままなのでしょうねえ。そんな形骸化した血塗られた歴史の、本気の実感を伴った生き証人になるにはやはり血まみれの虐殺によってのみその歴史の透明さを不透明に赤く染めあげるしかないのでしょう。そしてきっとそれが二丁拳銃で頭を撃ち抜かれてもなおそれが致命傷となりえず歩き出す幾千幾万の神の御子たる新ゾンビ共のその身がこれでもかと粉砕され画面がじぶんの贓物と肉片と細胞で埋め尽くされるのを望んでやまない行為の謎の意味でもあるのです。なぜならそれが歴史が形を持って成すという、つまりは透明なちんぽこが初めて我々の目の前に怒張した姿で出現する奇跡ということであり、と同時に神の降臨と同意の最重要な瞬間であるからなのです。極右なミリタリーおやじが繰り広げるドイツチェンソー大量虐殺の壮観さはまるで教科書に文字として記されることによってある種の空虚さを刻印され現実感を削ぎ落とされ逆に隠蔽されてしまった歴史を、地中深く埋葬された書を発掘するように、ぼくらの世代が再考証するにはやはり血塗られた肉塊でしか現実は形を成さないと宣言してるかのような説得力があります。透明な歴史がはじめて僕らの世代に血まみれになって形を現し、そして嬉々として虐殺に興じるその民族の姿にはじめて際どい人類の殺しの歴史が蘇るのであり血しぶきで血まみれの歴史が再生され狂気とその時代に蔓延していた殺人の醸す本能的なおそろしいまでの陽気さと熱気を追体験する、そうこれは見えなかった歴史が透明さを失うということであり目の前で繰り広げられる変態的なまでの狂おしい虐殺の人類の歴史が見えてしまうことを実践してしまう意味を持つのであり壮絶におそろしい政治的な能力の映画だ!さすが本国ドイツでは発禁処分されフィルムを焼却ついでにこの監督も政府に要注意人物としてマークされるだけあるおそろしい意味をもつ作品だ!そしてこの圧倒的な人体破壊する際の武器の効果的な使用法、どれだけ多人数を一気に血祭りにあげるかにのみ苦心した天才的な物語設計の強力な破壊力と無邪気なギャグセンス!ドイツはやはりおそろしい民族だ。もはや民度としての虐殺レベルが度を越している1860点
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://komaku.blog44.fc2.com/tb.php/87-6f2f3eb8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.